4522敗の記憶 なんj

4522敗の記憶 なんj

ベイスターズの『4522敗の記憶』を読んでみたでー ... なんj [2014年11月21日 14:30] ID:F8lp7Le.0; ... 【セ新人王争い】戸郷(高卒) 8勝5敗 2.58 94奪三振 9QS/森下(大卒) 9勝3敗 2.12 117奪三振 13QS; 逆に何故支持されると思った?

「4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ 涙の球団史」 (著)村瀬秀信 . | 本当の夏が来た 生きているまぶしさ », そんな昭和61年、新宿区立落合第二小学校5年3組の男子はみなどこかしらの野球チームが好きでいなければいけなかった。, クラスの大半の男子にとって好きな野球チームを持つことは円滑なコミュニティを形成する必須条件で、「野球に興味ない」「好きなチームなんてない」という子はクラスの中でマイノリティに追いやられた。, クラスの男子半分くらいは巨人ファンで、ついで多かったのが阪神ファン、それから西武、中日のファンがポツポツといるといった具合。, 大柄な彼は温和で、何かと揉め事を起こす他のクラスメイトの中で常に「まあまあ」となだめる役回りで、一方で掃除の時間にはふざけて我々を笑わせて、皆で仲良く先生に怒られるきっかけを作ったりするようなムードメーカーだった。, 当時わたしたちの間にはプロ野球カードというサイコロを振ってその出目でヒットとかアウトとかホームランという結果を決めるカードゲームが爆発的に流行っていて、ホソカワ君が使うホエールズのカードは紺と白のツートンカラーが他のチームとは一線を画していてカッコよかった。, が、高木豊・加藤博一・屋鋪要というスーパーカートリオを擁する彼のホエールズカードはあまり強くなく、クロマティ・原・吉村・駒田が並ぶタケイ君のジャイアンツやバース・掛布・岡田という破壊的な打撃陣を持つイシカワ君の阪神にいつも負けていた。, 元号が昭和から平成に変わり世の中に「トレンディブーム」というのがやってきてた頃、やりたいことは自堕落、当面の目標は自堕落、欲求不満とコンプレックスと自意識過剰が膨れ上がって破裂寸前だった中学3年の私の隣の席に座っていたイノウエ君は話してみると大洋ホエールズのファンだった。, イノウエ君は背の小さいメガネをかけたおとなしい男子で、黙っているとクラスにいるのかいないのかわからなくなるくらい淡白な存在感の人だった。, そんな彼と退屈な授業中に野球の話をするようになると、なぜか野球については異様な攻撃性を発揮し「欠端はダメだ。死ね」「大門また打たれやがった。あいつ死んだ方がいい」といった感じで愛しているはずのホエールズの選手を呪うペシミストだった。, 「なんだよ来んのかよ。めんどくせえなあ」とかなんとか言ってたわりに待ち合わせ場所に行くと妙にオドオドして「お、おう、じゃあ行くか」と行って“俺のホーム感”を出して先導し、球場に入るまで場外に続く列に並んでると「コーラ買ってくる」といきなりどこか行ってしまい、なんだよマイペースな奴だな…とイライラしてたらその手にはコーラのボトルが二つ握られていた。, イノウエ君とはその後私の趣味に付き合ってもらって西武球場に西武-ロッテ戦なんかを見に行ってやっぱりロッテの選手を罵倒された記憶があるのだが、それ以降の記憶がない。, 覚えているのは、彼が使っていたノートの端っこには当時ホエールズがマスコットマークに使っていた男の子がバットを振るシールが貼ってあったことだけで。, 「大学行けるかな」「行けるだろ」「でも行けなかったらどうしよう」「にしても今年で高校生活終わりなんだな、何もなかったな」「ヒマだな」「彼女ほしいな。いや彼女とまではいわない。しゃべることができる女ともだちがほしい」「バイトでもすっかな」「いやその前に勉強だろお前」と自分の頭の中で大勢の天使と悪魔が喧々諤々の議論をしていた高校3年生。, その頃よく遊んでいたのはテニス部だったけどテニス部はシンドいからやめて自宅の近所のテニスクラブに通い、ファッション誌を見ては洋服や髪型のあれやこれやに気を遣い、発売間もないスウォッチを上野かどこだかに行って買ってきたりする、中肉中背で口達者なヨネカワ君。, 工場の息子で18歳のみぎりで「石倉三郎に似ている」と言われ「おっちゃん」と呼ばれたりする、しかし実際18歳という年に見えない落ち着きとビジュアルを誇った背の高いイシガミ君。, 以前は野球部にいて、その時に投げたボールがナチュラルシュートしていたために「ナチュ」というアダ名をつけられていた長身のサトウ君。, 多少そのときによってメンバーが増えたりあるいは都合でいなかったりしつつ、何かというと私を入れたこの4人で集まってはゲームセンターにいったり釣りにいったりマクドナルドでグダグダしたり、という高校生らしい無駄な時間を過ごしていた。, 四人とも野球が好きで、私はその頃ヤクルトファン、イシガミ君もヤクルトファン、ヨネカワ君とサトウ君の二人が横浜大洋ファンだった。, 当時セ・リーグは「巨人・中日・広島」のAクラスチームと、「ヤクルト・横浜大洋・阪神」がBクラスとハッキリ分かれていた時期で、阪神がまた図抜けて弱かったのでヤクルトと大洋は「同じ穴のムジナ」的なライバル心があった。, ヤクルトに点が入ると喜ぶ私とイシガミ君に向かって他の二人が「ムカつくなあ」とメガホンを叩き、大洋に点が入ると今度は喜ぶ彼らに向かって私とイシガミ君が「ムカつくんだよ」とメガホンを叩くという、要するに野球を通して四人でじゃれあっていた。, そのころは大洋にレイノルズという足が早くて巧打を連発する外人選手がいていいところで痛打するので、私のヤジはいつも彼に向けられていた。, 東北福祉大学から入った背番号22番をつけた佐々木というルーキーのプロ初先発も神宮で見た。, その佐々木が魔球のようなフォークボールを習得し絶対的な抑えになっていった頃、引退間際のスワローズの杉浦享が代打で出てきて彼からホームランを打ったのも神宮で見た。, けどそんな鮮烈な瞬間はほんのちょっとで、たいがいは岡本透とか欠端とか田辺とか今思い出そうとしても何の特徴も思い出せない地味な投手たちが淡々と試合を作り、高木豊とかシーツ、若かりし進藤や谷繁といった「存在は記憶にあるけどプレーは記憶にない」選手がコツコツと点を取る、そんな地味で丹念な野球をホエールズはやっていた。, 今思うとあの4人で一番野球を見に行った1992年は、大洋ホエールズ最後の年だった。, 私たち4人が揃って大学に進学するのと同時に、濃紺がカラーの大洋ホエールズは消えてブルーのストライプがまぶしい「横浜ベイスターズ」という華やかなチームが誕生した。, 大学に入ったはいいけどやっぱりこれといってやりたいこともなく、ただアルバイトに明け暮れては稼いだお金を右から左へプロレスのチケット代に回していた21歳の頃、バイト先にキリュウ君という一つ年下の専門学生が入ってきた。, キリュウ君は岩のような頑健な表情をした背の低い若者で、とっつきにくい第一印象を与えながら仕事している間は「はーい!」「了解しましたぁ!」「今もっていきまぁす!」とヤケに快活な返事をすることで瞬く間にスタッフ間の信任を得て、すぐに私たちと一緒にご飯や遊びに参加するようになった。, キリュウ君は横浜ベイスターズのファンで、毎週土曜日のバイトが終わったあとは深夜に私の家に来て「ワールドプロレスリング」を見て、それから「実況!パワフルプロ野球」という野球ゲームをやるというのがお決まりのコースだった。, 彼が使うベイスターズは打線が粒ぞろいな上に四番にブラッグスというホームランバッターがいて、ピッチャーも抑えに大魔神・佐々木がいるので対戦するのが厄介なチームだった。, 横浜はゲームだと結構強いのに何で優勝争いできないのかな…と思っていたが、それから三年後に38年ぶりのリーグ優勝と日本一を遂げることになる。, もっともその年は、日本が初出場し国中が大騒ぎしたワールドカップフランス大会が開催され日本は3連敗に終わり成田空港では再三好機をはずしたフォワードの城彰二にファンが水をかける事件まで発生したその陰で、わが千葉ロッテは3連敗どころか18連敗というワースト日本記録を達成し、シーズン終了後に当時のロッテ・近藤監督が退任会見で「もっと強いチームでやりたかった」と発言してロッテファン的には暗黒過ぎていまだにネタにできるぐらい真っ黒だったことが思い出深い一年だったわけだが。, もうすでに就職して公務員になっていたキリュウ君に「おめでとう」と電話をすると(当時はメールなんてしなかった)、ありがとうございます、家族中で喜んでます、と上機嫌に答えられた。, そういえば彼はお兄さんの影響で大洋ファンになったって言ってたっけ、てことを思い出した。, チームは2000年代中盤から低迷し、2000年代後半は1998年のロッテを上回る、プロ野球の歴史に残るような暗黒期に突入する。, 2012年には親会社も代わって「横浜DeNAベイスターズ」になり監督は中畑清になったが「不格好経営」ならぬ「不格好球団」ぶりは抜け出せていない。, こういう時代なので、Facebookを覗くと仕事関係での面識がある知人がベイスターズのことに触れていて「あ、○○さんはベイスターズファンなんだ」と知ることはあるが、今まで自分の近くにいた人たちのような、そういう距離の中にはいない。, 村瀬秀信の「4522敗の記憶」を読んでいるうちに、ふと、イノウエ君は何をしているんだろうと思った。, 39歳になった彼らは、日々の生活と仕事に追われ、もしかしたらベイスターズはおろか野球に触れる機会も失ってるかもしれない。, あとになれば思い出は夢のようなもので、本当にあったことなのか、夢であったのか、それすら判別不能になっていく。, 大きくて広いスタジアムの中で、ボールを投げて打つことで成績という数字は残っても、そこに物理的なものは残らない。, そのときしか見られないものがある。そのときにしか伝えられないことがある。そのときしか伝わらないことがある。, けれど、過ぎ去ってしまうと、目の前で見たホームランをもう一度リプレイできないように、すべては記憶の中でしか再生できない。, ベイスターズの中心選手として20年間に渡って活躍した石井琢朗は2008年、横浜球団から戦力外通告を受け広島東洋カープに移籍した。, プロ野球選手の応援歌はチームが変わると通常移籍先の球団応援団が新しく作るのが慣例だが、石井の場合は特例的にそのまま横浜時代の応援歌が引き継がれた。, 引退試合はカープの本拠地であるマツダスタジアムではなく、かつて自身が所属した横浜ベイスターズの本拠地・横浜スタジアムで行われた。, その試合の現役最終打席、スタジアムでは石井の応援歌を広島カープのファン・横浜ベイスターズのファン双方が一体となって合唱するという感動的な光景が現出した。, ロッテ戦なんかを見に行ってやっぱりロッテの選手を罵倒された記憶があるのだが、それ以降の記憶がない。, 覚えているのは、彼が使っていたノートの端っこには当時ホエールズがマスコットマークに使っていた, の近所のテニスクラブに通い、ファッション誌を見ては洋服や髪型のあれやこれやに気を遣い、発売間もないスウォッチを上野かどこだかに行って買ってきたりする、中肉中背で口達者なヨネカワ君。, 歳のみぎりで「石倉三郎に似ている」と言われ「おっちゃん」と呼ばれたりする、しかし実際, クラスとハッキリ分かれていた時期で、阪神がまた図抜けて弱かったのでヤクルトと大洋は「同じ穴のムジナ」的なライバル心があった。, ベイスターズ」になり監督は中畑清になったが「不格好経営」ならぬ「不格好球団」ぶりは抜け出せていない。, を覗くと仕事関係での面識がある知人がベイスターズのことに触れていて「あ、○○さんはベイスターズファンなんだ」と知ることはあるが、今まで自分の近くにいた人たちのような、そういう距離の中にはいない。, 歳になった彼らは、日々の生活と仕事に追われ、もしかしたらベイスターズはおろか野球に触れる機会も失ってるかもしれない。. ベイスターズの『4522敗の記憶』を読んでみたでー:(まとめ太郎! ... 他の球団のことなんか贔屓の引き立て役程度にはしか考えとらんのがほとんどのなんj民やしな 6. ! なんで2敗してんねん 200: 名無しさん 2020/09/30(水) 23:42:08.29 ID:NpxjHXQv0 7勝5敗が暗黒感すごいな 10勝2敗とかも全然あり得る数字なのに « 近すぎる幸せは見えにくい | 【画像】白石麻衣さん28歳の下着姿wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww, ワンピース「ワノ国の侍は強すぎて海軍も近寄れない」ワイ「はえ~さぞ強くてかっこいいんやろなあ」, 2020.10/28-試合結果【西武×楽天】(メットライフドーム)は4-3で西武が勝ち!!木村の7号2ランで先制!!先発浜谷が6回途中1失点で3勝目!2位ロッテと1ゲーム差!!, 【写真】女だけどすごいポケモン手に入れたwwwww wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww, 【阪神】T9-1D 木浪同点打!マルテ決勝打!大山2適時打近本も適時打!継投奏功阪神快勝 中日勝野捕まり中継ぎ炎上, 【カープ試合結果】ヤ2-3広[2020/10/28] 遠藤7回9奪三振1失点好投で4勝目!會澤押し出し死球で先制!堂林2点打!ケムナ1失点&フランスア0封!1点差逃げ切ってカープ2連勝!!!, 田澤純一「対戦したい選手ですか?僕メジャーだったんで知らないんですよね。逆に教えてくださいよ笑」, 【MLB】ドジャースのジャスティン・ターナーがコロナに感染 試合中に判明 優勝セレモニーにはマスクをして参加.

テレビボード 180, ホテル 男塾 姫路, 錦織圭 マリオテニス 動画, すのこ プラスチック デメリット, デビュタント イギリス, 宝くじ 抽選時間, 徳永ゆうき 新曲, ラインモバイル Cm スカート, ブルックスヘリテージ スニーカー チャリオット, Next Stage 関西ジャニーズjr, ハードロック 歌唱力, ソファ クッション 交換 ニトリ, ナンバーズ4 過去100回, ネイサン ベイパー ザック, Id 2話 感想, Nathan ランニング ウエストポーチ, アサシンクリード3 リマスター Switch, Uqモバイル キャッシュバック メール, 茨城県北部 地震, 宮廷女官 キャラ, ゲオモバイル Simロック解除 買取, 宮迫博之 さんま, イオン エアーベッド, カリモク ボナシェルタ, 千葉駅 家具, ヤマダ電機 ベッド 引き取り, アスノヨゾラ哨戒班 ゆある 耐久,

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0

カート