阪神淡路大震災 特徴 ヤマダ電機 電子保証書 修理, シバター 愛媛, ワイモバイル 新料金プラン, Uqモバイル タブレット テザリング, 今田美桜 スタイル, 楽天モバイル Cm 声 うざい, かす はうす, ワンピース イチジ 技, ゲオ Ps5 抽選発表, パチスロ 界の大物, ニトリ キャンセル 店舗, 歴代女性歌手 歌唱力, カピバラ 吉岡, ららぽーと甲子園 バーゲン 2020, 全米オープンテニス 2020 女子, 京丹後市 地震 速報, ポケットwi-fi 買取 ハードオフ, 乃木坂46 シングル, アサシンクリード オリジンズ 操作, 入間 アウトレット 今, ニトリ 品質 悪い, 綾野 食器棚 大塚家具, 岩佐美咲 Showroom, オリックス 年俸 安い, エンジェルナンバー8888 結婚, 闇芝居 2020, デスクチェア おすすめ, 布 ソファーが破れ たら, 悲しみの向こう側 歌詞, Jpwimax 更新月, The Witcher ゲームパッド, 30代 カラオケ 女性, ヤマダ電機 水戸 エアコン, Uqモバイル 緊急速報メール うるさい, 全仏オープン 2020, インドネシア 首都移転 騒音, ロト抽選機 アプリ, デスクチェア 安い, ハロウィン ジャンボ 当選者, グウェント 日本語, 東京インテリア 照明 シャンデリア, 氷川きよし キニシナイ, イワンカレリン スカジャン, 古谷一行 子供, 菅野 成績, 下手なバンド ランキング, ハーフ歌手 女性 昭和, オールドカリモク 修理, 伊佐那社 能力, 東京インテリア ニトリ 品質, スクラッチ 遊ぶ, ソファ 2人掛け ふかふか, カリモク60 テレビボード, エキサイトブログ 不具合, パンキー 意味, ヤマダ電機 支社制, 遊戯王 ルール, ヤマダプレミアム会員 解約 タイミング, カリモク60 Kチェア, ぱちタウン タレント, " />

阪神淡路大震災 特徴

endstream endobj 455 0 obj <>>>/MarkInfo<>/Metadata 45 0 R/Outlines 87 0 R/PageLayout/OneColumn/Pages 449 0 R/StructTreeRoot 101 0 R/Type/Catalog>> endobj 456 0 obj <>/ExtGState<>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text/ImageC]/XObject<>>>/Rotate 0/StructParents 19/Type/Page>> endobj 457 0 obj <>stream 東日本大震災 特設ページ; こころのケア 災害・事故・事件によって傷ついた心はどのように癒されるのでしょうか? 阪神・淡路大震災とこころのケア; ヒューマンケア実践普及講座; 兵庫県音楽療法講座 阪神・淡路大震災からの復旧復興過程とその特徴 4. h��X�n7�� 阪神・淡路大震災の全体像と防災対策の方向 l.阪神・淡路大震災の被害の概要 2. 地震情報・対策.com 1地区1社に調整し、撮れたら去って欲しいし、住宅崩壊現場でレスキュー隊にブルーシートや毛布で目隠しさせるのも人手が余計にかかる」と批判していた[103]。, 1995年2月7日、衆議院地方行政委員会において、伝聞情報をもとに、この問題が取り上げられている。その後、関西の放送局間では、大災害発生時にはヘリコプターの飛行数を相互制限し、映像を各社で共有する方法(一種の代表取材)などが検討されている。ただし、震災で具体的にどの程度の騒音被害があったのかは明確でない。騒音の元が自衛隊や消防のヘリでないのか(どうやって上空のヘリを見分けたのか)、自衛隊や消防、警察、海上保安庁のヘリならば音は問題ないのかなど、主張に曖昧な点も多い。, 発災後、民放キー局制作の報道番組のアナウンサー、リポーターが率いる取材クルーが、前述の被災者の生活テリトリーに平然と土足で入り取材する光景に対して、残機に耐えられなかったとしており、取材せずに被害者に寄り添う配慮すべきであるとしている。そのため、準キー局の場合、2015年時点でも、局によってはアナウンス部に当時の被災状況写真と震災当時の報道部長が「現地取材クルーへのお願い」文書[注釈 27]を壁面に掲示し、当時の被害状況を常に忘れない努力をしている[104]。, この災害によって消防・レスキューの得た経験は、消防無線における全国共通波の増波や、東京消防庁の消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)と横浜市消防局の救助機動中隊(現在の特別高度救助部隊)の創設、全国の応援体制として緊急消防援助隊(消防)と広域緊急援助隊(警察)の整備につながる。, 消防組織はもともと市町村単位であり、この震災によって、消防の広域動員における指揮・通信・装備などで多くの問題が露呈し、改善が進められている。, しかし2009年時点、地域ブロック・レベルの広域大災害の消防・救命活動指揮組織がようやく作られつつあるものの、これはあくまでも事が起こってから臨時で設置される組織であって、常設組織を設けて平時から大規模災害対処計画を研究立案する段階にはなっていない。, 医療としては2005年4月に、阪神・淡路大震災を教訓・反省として、災害派遣医療チーム (DMAT) が発足した。, 一方、1995年(平成7年)3月の地下鉄サリン事件と合わせ、自衛隊の危機管理における機能が注目され、国民の自衛隊に対する好感が震災以前と比べて格段に高まり、自衛隊が必要であるという世論も大きくなった。, しかし、防衛庁(現・防衛省)はもともと平時にあって有事に備える広域危機管理官庁である。震災対処計画機能はあるものの、地域ブロック・レベルでの協議における消防側の対応相手が消防庁しか存在しないのが実情であるなど、災害援助においては装備や組織の問題によって充分に機能し得ないので、「大規模災害に十分対応するためには、装備のほとんどが武器・兵器で占められる自衛隊を用いるのではなく、充実した専門装備を持つ災害救助隊を別に設立すべきだ」とする意見がある。これについては、「蓋然性の低い大災害に対応する官僚組織を戦争と別建てで設立するのは予算の無駄であり、自衛隊の災害救助に関する装備・機能をもっと充実させて当たるべきだ」という意見も出されている。, 道路が寸断されている場合、消防車両が現地に容易に近づけない場合も多いので、ヘリによる瓦礫除去車・消防車の吊下空輸が手法としては有効である。また、消火水道断裂に備え数億円する防火水槽を全国各自治体に数千基整備することは予算面から進んでいないが、既にある自衛隊の大型輸送ヘリ約40機で水コンテナを校庭に吊下空輸すれば大幅に補完する事ができる。, しかし、CH-47などの大型輸送ヘリは1機で数十億円と高価なため、自衛隊のCH-47が大型輸送ヘリを購入できない途上国の震災等の災害救援にも派遣されて役立っている一方、市町村消防局で重複購入するのは財政難のため困難である。消防側は、自衛隊にヘリ空輸を依頼せず、瓦礫除去車/重機で進路の瓦礫/土砂を除去しながら数時間かけて現場に到着する計画である(2009年時点)。, 報道陣に(関東大震災等の前例があるのに)震災を杞憂扱いして危機管理計画を定めていなかった怠慢を指摘された自治体[注釈 29] 等が、「まさか、関西で大地震が起こるとは思わなかった」という(「まさかの大災害」への平時からの準備が重要という危機管理の初歩を理解していない)釈明を行ったため、マスコミによって激しく批判された。, これは災害対策基本法の制定された1961年(昭和36年)が日米安保条約更新の直後であり、反自衛隊感情を刺激しないように立法されたからだとされる[115]。そうした背景もあり当時の自治省の指導にも不備があり、現在においても自治体の防災規定に対する総務省の指導は不徹底で、同様の事態が別の自治体でも起こりうるとの指摘もある。, 村山首相は上述のように、自衛隊出動命令の遅れを責められて「なにぶん初めての事ですので」と釈明したため、一部から「前例ある有事を杞憂扱いして備えを怠り、危機管理官庁の自衛隊を感情的に毛嫌いして有効活用せず国民被害を拡大した」といった批判も受けたが、竹下内閣から村山内閣まで7人の首相に仕えた石原信雄元内閣官房副長官の「前例のない未曾有の災害で、かつ法制度の未整備な状態では、村山首相以外の誰が内閣総理大臣であっても迅速な対応は不可能であった」[116] という証言に代表されるように行政機構全般の危機管理の不備が明らかになった。その後も村山首相は首相職を担うこととなったが、1995年7月の参議院選挙で社会党の議席は激減した。, 震災から12年経過した2007年(平成19年)の政府・官房長官の記者会見においても「多くの犠牲になられた方々に改めてご冥福をお祈りしたい。防災体制はあれ以来、強化を図っているが、改善に改善を重ねていかなければならない」と述べた。当時、大きな問題点として指摘された政府の危機管理体制については一定の改善が行われたとの認識を示した上で「十分ということはないのでいつも反省をしながら改善していく」と語った。, この地震が大惨事となった最大の理由は、老朽木造瓦屋根の住宅が多かったことであるが、その他の理由の一つに、近畿地方の瀬戸内海岸では他の地方に比べて地震の発生が少なかったことが挙げられる。地震の専門家の一部は、小さい規模の地震すら起こらないことで、エネルギー(ひずみ)の蓄積が起こっており、ひとたび地震が発生した場合には規模の大きなものになる危険性をはらんでいることを述べていた。, しかし、1916年(大正5年)の明石海峡付近で発生した M 6.1 の地震以降、約80年間顕著な地震活動が無かったことから[117]「近畿地方は地震が少ない。仮に起こったとしてもそんなに大きな地震ではないだろう」といった“実体験”による過信から、「近畿地方では大きな地震は起こらない」とする誤解の広まり、または、地震自体を意識することが少なく専門家の指摘を信用する人間も少なかった。歴史的には近畿地方は幾度も大地震に襲われている(地震の年表を参照のこと)[118]。歌舞伎『地震加藤』は、豊臣秀吉の不興を買っていた加藤清正が、慶長元年(1596年)9月の慶長伏見地震で、伏見城から秀吉をおぶって逃げる話となっている。神戸は地震予知連絡会の「観測強化地域」にも指定されていた。, それまでの大地震の発生する構造については、太平洋プレートやフィリピン海プレートが日本海溝や南海トラフにおいてユーラシアプレートの下に滑り込み、そのプレートの跳ね返りによって発生するもの(海溝型地震)ばかりが注目されて内陸の活断層のずれによる直下型地震の発生はさほど注目されていなかった。実際に、これらのプレートの境界の近くに位置する関東地方と東海地方と紀伊半島においては、大地震(関東地震・東海地震・東南海地震・南海地震など)の発生する可能性が最も高い地域として防災訓練や建造物の補強など徹底した対策が実施されて来た。ところが、近畿地方(紀伊半島)でも、太平洋岸である三重県と和歌山県とは対照的に、瀬戸内海岸である大阪府と兵庫県は無警戒に近い状態であった。, 北海道・東北地方・北陸地方などの豪雪地帯であれば、地震の多発地帯以外でも、「雪」という重量物が屋根の上に積み重なる前提に家屋が建てられるために縦方向からの力に強くなるので、結果的に「地震」など揺れにも強い構造となることが指摘されている。ただし、2004年(平成16年)の新潟県中越地震において豪雪地帯の建物が少なからず倒壊・損壊したことで、耐雪構造と耐震構造を分けて考える必要性が指摘されるようになっている。, その後のビルディングも含めた物件を建築や補修する際には、阪神・淡路大震災における被害を教訓とした上に最低限度の耐震性を考慮した構造に変わっていっている。また、前述の「高架構造」になっている高速道路や一般道路、鉄道などの橋脚」の構造上の脆弱さが指摘され、行政主導のもとで補強工事[注釈 30] が施工されていった。, 最も重要な問題、すなわち古い住宅の耐震性がなくても違法とならない(既存不適格)問題は変更されなかった。さしあたり、1995年建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)を制定し耐震改修を促進した[119]。また、消防庁では公共施設の耐震改修を指導している。しかし、「阪神・淡路大震災」の起こった兵庫県でさえ、公共施設の耐震化率は48.3%にとどまっている。東京78.1%(消防庁 2003、各都道府県耐震改修状況)に比べて耐震化は遅れている。特に、民間の会社施設・マンションにおいての耐震化率はきわめて低い。さらに、ほとんど犠牲者が出なかった公共施設の耐震化は進んでいるが、犠牲者の80%以上を出した民間の耐震性のない木造住宅の耐震補強はほとんどなされていない。, 貿易の技術的障害に関する協定の第二条に強制規格は必要である以上に貿易制限的であってはならないと繰り返し強調されており、建築審議会は同調した内容の答申書を提出している。結果として、1998年の法改正以来、技術基準の「性能規定化」が進められている[120]。地震国として構造力学に基づいて建材の質や形などを制限した従来のいわゆる仕様規定から、定型的な仕様または国際的な検証方法によって実質的な耐震性を測ろうとする性能規定に変わってきている。規制緩和が目的であって、必ずしも耐震化を主眼とする改正ではない[121]。, なお、震災の犠牲者6434人のおよそ1割に当たる約600人が、室内家具の転倒による圧死と推定する調査(山口大学・大田教授のグループ)があったことから、震災発生後しばらくは「家具転倒防止金具」を購入する人が多く見られたが、今では普及が鈍化している。, 建築基準法は改正されたが、倒壊の多かった戸建住宅や低層鉄筋構造物が実際にどの程度の耐震性を有しているのかを試験する方法がなかった。このため、鉄筋コンクリート6階建までの実際の建物に震動を加え試験が行える施設として、大規模実験施設(実大三次元震動破壊実験施設)E-ディフェンスが兵庫県三木市の兵庫県立三木総合防災公園に建設された。また、耐震設計の際のシミュレーションデータとして、神戸海洋気象台で実際に観測された波形が使用されるようになった。, 1995年当時、東海地震の前兆現象の観測を目的とし地域を限定した観測網(関東・東海地殻活動観測網)は整備されていたが、阪神・淡路地域だけでなく全国を網羅するような地震観測網は整備されていなかった。したがって、兵庫県南部地震の予測および発生メカニズムを解明するために十分な基礎データの蓄積が無かった。このことを教訓とし、1995年6月16日地震に関する調査研究を推進するための法律『地震防災対策特別措置法』が制定され、「地震に関する基盤的調査観測計画[122]」の一環として、日本全国を約20kmメッシュの地震計で網羅し観測を行う高感度地震観測網と基盤強震観測網の整備が開始された。, 同震災で、被災者らが避難生活中にどこでも使えるカセット式のガスコンロを調理などに利用していたが、当時のカセットコンロ・ガスボンベの規格は1991年(平成3年)7月1日にJIS規格 (JIS S 2147 / JIS S 2148) によって制定[123]されていたもので、ボンベのサイズや構成部品が厳密には規定されていなかった。メーカーの異なるカセットコンロ・ボンベの互換性は完全ではなく、数種類あった。, そのため、被災者間においてカセットボンベの貸し借りができない場合があり、メーカー側に疑問が呈されたり、規格統一の必要性が認識されたりした[124]。, これを教訓として、1998年(平成10年)2月20日に日本工業規格「カセットこんろ (JIS S 2147)」「カセットこんろ用燃料容器 (JIS S 2148)」の改正が行われ[123]、ボンベの形状が一種類に規定され、メーカーを選ばずカセットコンロとボンベを装着することができるようになった[124]。, 震災前のシングル湯水混合水栓の蛇口は、レバーを上げて止める「上げ止め式」が普及していたが、震災後はレバーを下げて止める「下げ止め式」が普及した[125]。震災による対策によるものだと噂話もあるが、日本バルブ工業会によると、理由は欧米で「下げ止め式」が圧倒的に普及していることに合わせたことによるものだと説明している[126]。また日本工業標準調査会は、震災対策を含めたグローバルな観点から下げ止め式に統一したと説明している[126]。, 前述・後述の諸問題も含めて、この大震災は日本の災害対策上、重要な位置を占めている。, また、1995年(平成7年)より毎年12月に、鎮魂と追悼・街の復興を祈願して「神戸ルミナリエ」が開催されているが、近年は開催当初の意義から乖離する傾向にあり、その開催目的に疑問を抱く市民も増えつつある。中には「形だけの心の通わない“鎮魂”は死者に対しても恥ずかしいし、この際、ルミナリエは廃止してほしい」といった声も上がっている。, 被災地が即急に復興できたのは多くの支援者・ボランティアのおかげであったため、被災者は今も支援者に感謝の気持ちを声明や催し物によって示している。また、神戸市はこの支援活動の教訓や当時の恩返しの意味を込めて新潟県中越地震やスマトラ島沖地震の時はどこよりも早く、多くの人材、資材などの援助を行ってきている。また、防災事業では、現在においてもこの震災を例に挙げられることが多く防災事業の原点となりつつある。, 神戸市立小学校の音楽教諭である臼井真作曲・作詞の『しあわせはこべるように』という歌が復興の歌として取り上げられることが多く、各種学校団体をはじめ多くの追悼行事で歌われている(今では『しあわせ運べるように』として、Cooley High Harmonyや川嶋あいが歌っている)。, 2011年に発生した東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)では、「神戸」という歌詞の一部を各地域の名称に変えて歌われる動きがある。7月25日には作詞作曲者である臼井自身がCDブックを刊行。このCDには「しあわせ運べるように〜ふるさとver.〜」が収録される。「神戸」を「ふるさと」に変えて、一部編曲をしたものである。臼井曰く、「『ふるさと』とは被災地の地名の総称」とのことである[131]。このヴァージョンは2011年7月8日にニッポン放送「上柳昌彦・山瀬まみ ごごばん!フライデースペシャル」で流された[132]。, また、期間を限った震災関連の展示会が開かれることもある(消防博物館など)[133]。, 第46回NHK紅白歌合戦(1995年12月31日)では、由紀さおり・安田祥子、前川清、田村直美、南こうせつの4組が、被災者へのメッセージの意味を込めた特別企画枠で出場した(審査の対象外)。, 2014年(平成26年)12月9日、震災から20年の節目を迎えるのを機に震災の経験や教訓を継承するため、神戸市は震災当時の様子を撮影した写真を掲載する「阪神・淡路大震災『1.17の記録』」を開設した[137][138]。地震直後や復旧・復興中の写真など主に神戸市広報課の職員によって撮影された約1万4700点から選ばれた約1000点の写真を公開している[139]。防災教育などにも活用してもらえるように、住宅や火災などのカテゴリーを地域別に検索できるようにしている。神戸交通センタービルなどといった市内の箇所の復興過程をたどれる「定点観測写真」も設けられている[140]。写真は一部を除きクリエイティブ・コモンズ (CC BY 2.1 JP) の下に公開されており二次利用可能。, 震災直後から1年間に亘り、神戸市職員が撮り続けた記録動画を20年目を機に公開する計画で進めている[141]。これまで公開を差し控えてきた理由として市民感情を挙げている[141]。20年目に当たり後世に語り継ぐために公開に踏み切ることになった[141]。動画の収録時間は約48時間で、復興の道のりをまとめた短縮版を製作する予定にしている[141]。, 「官邸をはじめとする政府、国の機関はもとより、地元の行政機関、防災関連機関にとってもテレビ・ラジオが最大の情報源であった。国土庁が独自に情報収集手段を持たず、また関係省庁からの情報の集約を十分に行えなかったことから情報が官邸に十分伝わらなかったという制度上の問題点が指摘された。」, 二階俊博衆議院議員「(略)災害発生時の事態の掌握のおくれが自衛隊の出動に大きな影響を及ぼしていると考えますが、県からの要請があろうがなかろうが、国土と国民の安全を守る崇高な任務を持つ自衛隊の出動について、タイミングや規模等について判断に重大な誤りがなかったのか、大いに反省の必要があります。と申し上げるのは、生き埋めの人が200名ばかりおるので直ちに自衛隊の出動をという新進党の国会議員の要請に対し、地震当日の朝、…の段階においては防衛庁幹部はこの事態を承知していなかったという重大な事実があるからであります。自衛隊の最高指揮官としての村山総理は、救援の初動活動において、人命救助最優先の立場からもう少し積極的なしかも迅速な指揮がとれなかったのか、悔やまれてならないのであります。(拍手)政治責任もあわせて、この際、総理の御見解を伺いたいのであります。高秀横浜市長は、…大都市の首長の立場から政府の危機管理体制の不備を指摘しておられますが、国民のだれもが同じ思いであります。村山総理はこれらの声をどのように受けとめ、みずからの責任の重大さをいかに感じておられるか、重ねてお尋ねをいたします。(後略)」 169 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<63C50CECA2D6684A9436C22B4EC32D5C>]/Index[163 15]/Info 162 0 R/Length 52/Prev 1321959/Root 164 0 R/Size 178/Type/XRef/W[1 2 1]>>stream 阪神・淡路大震災とその特徴. h�bbd``b`z$3A���$���g&F# ���7�Q�@� �E� 人口350万人余が生活をしている淡路北部から神戸市及び阪神地域の直下で発生した内陸・都市直下型地震でした。深さ16kmという比較的浅い部分で発生をしました。今回の熊本地震と同じ断層が横にずれることにより起こったものです。 大都市を直撃した大規模地震のため、電気、水道、ガスなど被害が広範囲。鉄道、新幹線、高速道路、新交通システム、都市間交通・地下鉄が損壊し、生活必需基盤(ライフライン)に壊滅的な打撃を与えました。古い木造住宅の密集した地域では、地震による大規 …

時空間現象としての地震災害の全体像把握の試み 一「イベント・マトリックス」の検討一 3. [f7���������Gz�p� yMl�%����k:c�,b, ���yA�L�m���� #���c\�M��� �S���J8�����o��J3�q�l���qb�d��U2N�Q2������)�K��ϛ�s6|w�o���8��N����I�\e�7�H����\=x.��W���� Ú k��f����������v����z�{�i-�m����aN��� S+ �ͺ ��e�Z���+��h5�Y���` u?��AX�8�m�B���İ��G���'��Ni� >�����DJ��i���0.�J�����. %PDF-1.7 %���� ��Nϱ9��8���aͫ��3���{�9��`G{�K ����so����``����``2� ���0��A�"��R�(b ��0�)&�f� �Qd�b~ �ŀX�Fe!�� F���.��00�3|`y�p��� P�vA��ĴM�}�mu��v�bL�s�)�ӌ��.��@��ZHk2p�T�,@s�4��i��5!�� �yy 村山富市内閣総理大臣「(略)次に、政府の危機管理体制についての御質問でありますが、災害発生時におきましては、関係機関に対する迅速かつ的確な指示が実施できるよう政府の防災体制をとっているところでございまして、自衛隊等の対応につきましても、発生後直ちに伊丹で第36普通科連隊が災害派遣を実施してきたところでございます。また、災害対策を円滑に実施するため、地方公共団体に対しましても必要な指示や要請を行ってきたところでございます。しかし、今から振り返って考えてみますると、何分初めての経験でもございますし、早朝の出来事でもございますから、幾多の混乱があったと思われまするけれども、いずれにいたしましても、防災上の危機管理体制の充実は極めて重要な課題であると認識をしておりまして、今回の経験にかんがみながら、今後見直すべき点は見直すこととして、危機管理体制の強化に努力をしてまいりたいと考えているところでございます。(後略)」, 被災地との通信網が途絶え、誰も情報をつかめなかった。当時、官邸には二十四時間体制で、災害や事故に対応する機能もシステムもなかった。アメリカのように、人口や地形、産業の分布などからコンピューターで地震被害を想定し、対応する仕組みもなかった。, the 1995 Southern Hyogo Prefecture Earthquake, 古いモニュメントや資料の中にはM7.2とするものもあるが、これは2001年(平成13年)4月23日に, 限界以上の力がかかった時の破壊順序が決められており、中核になる部分が最後に壊れるようになっている。その後の余震でも大きな変化はなかった。, 2011年に発生した東日本大震災では、送電再開による火災発生が心配され、家を離れる場合等はブレーカーを切るよう、マスコミを通じて注意が喚起された。, 「兵庫衛星通信ネットワーク」平成3年(1991年)に82億円を使い構築された。県内全域や国土庁、消防庁などと「スーパーバードB」衛星で通信できたはずだったが、非常用発電機の停止、送水管の破損に加え、担当専門家4人全員が出勤できなかったため情報を発信・受信できなかった。, 課長からの連絡に対して「この電話を災害派遣要請とみなしてよろしいですね」「お願いします」のやり取りがあった。, かつて午前や夕方帯などにローカル編成を行っていたが、1988年に休止、その後は全て大阪発の関西広域放送に充てられていた。その後2000年代に入って県域放送が復活する。, 取材時の言葉使い、無理なインタビューを避ける、早朝、深夜の避難所取材で迷惑を掛けない等々の被災者の生活を邪魔する印象を与えない、飲食物の粗末な扱いをしない, たとえば、大阪府は1971年(昭和46年)までは自衛隊と共同して防災訓練を行っていたが、, 損害保険では「オールリスク」タイプが一般向け保険であるが、「戦争」「自然災害」「自損」は入らない。, 「震災報道 『阪神』淡路島では不評」『朝日新聞』1995年1月28日付東京朝刊、29面。, 「関西大震災 死者不明3000人にも」『日刊スポーツ』1995年1月18日付(東京版)、1面。, 自衛隊サイドからのマスコミ報道批判の出典は 長官官房広報課報道室「マスコミ報道を糾す」『セキュリタリアン』1995年3月号, 阪神・淡路大震災教訓情報資料集『内閣府・(財)ひょうご震災記念21世紀研究機構』より, 『デイリーヨミウリ』1995年1月28日での読売新聞調査研究本部主任研究員、高浜賛による社会・共産・革新系政党からの支持を受けた自治体首長への批判など, 東京では17日及び翌日以降も通常通りゴールデン・プライムタイムのバラエティ番組などは放送されていた。なお近畿での通常番組再開後は番組スポンサーを含むCMの箇所だけフィラーや公共広告機構(現在の, 『「阪神大震災」全記録』収録「余震のまちに新聞を」p.173 神戸新聞社 1995年3月発行, 陳舜臣「悲しみを超えて 阪神大震災 神戸よ」『神戸新聞』1995年1月25日付朝刊、1面。この寄稿文は* 神戸新聞社(編)『「阪神大震災」全記録 M7.2直撃 史上初の震度7 兵庫県南部被災地からの報告』神戸新聞総合出版センター、1995年、1頁。, 「時代の証言者 桂文珍⑳震災 芸道の転機に」2014年1月6日『読売新聞』朝刊10面, 震災後に発売したシングルCD『怒りのグルーブ 〜震災編〜』のジャケットに表記されている。, 矢崎良一編『元・阪神 そしてミスタータイガースは去った』廣済堂、2006年。52〜53ページ, 1991年(平成3年)7月1日にJIS規格 (JIS S 2147 / JIS S 2148) によって制定, 1998年(平成10年)2月20日に日本工業規格「カセットこんろ (JIS S 2147)」「カセットこんろ用燃料容器 (JIS S 2148)」, http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110423ddm012040039000c.html, https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/sinsai/10/rensai/200409/0005507643.shtml, http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031101193, Operational Procedures of Contributing Agencies, 地震と津波 ― 防災と減災のために ― Earthquakes and Tsunamis – Disaster prevention and mitigation efforts –, http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110317-OYT1T00509.htm, http://www.kahoku.co.jp/news/2013/02/20130203t13010.htm, http://www.kobe-np.co.jp/rentoku/sinsai/20/201408/0007271511.shtml, http://www.kobe-np.co.jp/rentoku/sinsai/09/rensai/P20121001MS00158.shtml, http://www.kobe-np.co.jp/sinsai/96assi/ren-assi02.html, 内閣府 防災情報の頁参考資料6 東日本大震災と阪神・淡路大震災における死者数(年齢階層別・男女別)2016年4月17日閲覧, 神戸大学 神戸大学震災慰霊献花式(兵庫県南部地震犠牲者追悼行事) 2016年01月15日, その2(5/14 兵庫県南部地震における地震動と被害概要、5/21 兵庫県南部地震における戸建住宅の被害、5/28 兵庫県南部地震におけるRC・S造建物の被害), 「建築物の耐震改修の促進に関する法律の一部を改正する法律」の施行について(P9)(国土交通省)2011年(平成23年)1月13日閲覧, 咄嗟のバケツリレーが功を奏して-兵庫県南部地震・市民の防災活動-(1995年4月号掲載), 阪神・淡路大震災教訓情報資料集【03】消防施設・資機材と水利の確保/教訓情報資料集, “連載<「圧死」を追う>被災地発・問わずにいられない(4)地域の力/高めたか淡路の救命率”, http://www.kobe-np.co.jp/sinsai/96assi/ren-assi04.html, http://www.asahi.com/national/update/0404/OSK201104030141.html, http://www.lib.kobe-u.ac.jp/directory/eqb/serial/chugai/html/0701/0126/07-01-26_12-17.html#219, 2000年(平成12年)12月22日発行切手「20世紀デザイン切手」シリーズ第17集(最終)の発行 〜20世紀最後に発行する郵便切手〜, http://www.kobe-np.co.jp/sinsai/95kessan/950810kessan1.html, http://www.oita-press.co.jp/bousai/115571833418053.html, http://www.sponichi.co.jp/osaka/soci/200505/04/soci180018.html, http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20110331-755115.html, http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/04/02/0003914377.shtml, http://mainichi.jp/select/news/20130118ddm041040110000c.html, http://mainichi.jp/select/news/20140107k0000e040216000c.html, http://www.daily.co.jp/gossip/2015/01/08/0007640903.shtml, 連載・特集|阪神・淡路大震災|震災20年目|語る20年 (4) 「ダンスリー・ルネサンス合奏団」代表 岡本一郎さん, https://news.mynavi.jp/series/kimeuchi/006/index.html, http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011050601000816.html, http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110630mog00m040004000c.html, http://mantan-web.jp/2015/01/07/20150107dog00m200049000c.html, http://mainichi.jp/select/news/20141210k0000m040068000c.html, http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1412/10/news073.html, http://www.kobe-np.co.jp/news/bousai/201412/0007570772.shtml, http://www.kobe-np.co.jp/news/bousai/201412/0007575369.shtml, NHKアーカイブス 阪神淡路大震災- NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス, NHKスペシャル シリーズ 阪神大震災 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス, NHKスペシャル 阪神大震災5年 震度7の衝撃〜都市の備えはどこまで進んだか〜 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス, NHKスペシャル 減災〜阪神大震災の教訓はいま〜 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス, 平成7年(1995)阪神・淡路大震災|平成 -次代への道標|NHK NEWS WEB, 1995/01/17 阪神淡路大震災 地震発生の瞬間 関西で唯一生放送していた朝日放送のスタジオ~大きな被害が出た神戸 【まいにち防災】/ Great Hanshin-Awaji Earthquake, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=阪神・淡路大震災&oldid=80176118, 住家被害:全壊104,906棟、半壊144,274棟、全半壊合計249,180棟(約46万世帯)、一部損壊390,506棟, 山陽新幹線…震災が起こった直後に8箇所の橋脚が倒壊し(幸い地震発生が始発前で倒壊による列車への影響はなし)、新大阪駅と姫路駅の間が不通となっていたが、81日後の4月8日に不通区間を解消した, 2月16日、一部駅を封鎖しながらも北神線直通を含め、神戸市内で最も早く全線で運転を再開。, 当時神戸市市街地の消防団には可搬動力ポンプの配備がほとんどされておらず、消防団独自の消火活動ができなかった。, 水道施設が壊滅したためほとんどの消火栓が使えなくなり、消防隊は水利を求めて防火水槽や学校のプールを探して放水したが水は足りず、最後は神戸港から消防車7台を連結して4キロの遠距離送水も行った(最長は神戸市市民プールから神戸市西消防団のポンプ14台を連結して7キロの送水が行われた)。, 走行する自動車によって道路上の消火ホースが踏まれたため、破損送水不能になる事象も多発した。, 地震発生後、現地部隊が出動できる体制を執りながら、出動命令がついに出ず、防衛庁(および, 約20年前に、消防飛行艇の計画が省庁間の「縄張り争い」によって実現しなかった(某紙), 神戸市に本社を置く淡路屋(駅弁製造大手)は震災直後本社工場の損害が軽微だったため在庫の材料を使用して製造した弁当を避難所に配布し、その後各事業者の支援のもと工場設備を回復させ避難所への食料支援拠点として活躍した。, 単なる災害前の街への復旧ではなく、道路幅の拡幅など大掛かりに区画変更を行い、緑地を多く取って緩衝地帯を設定すること, その実施に当たっては、単なる上意下達ではなくアウトラインのみを地元に提示して細部については地域住民の声を聞いて合意を形成をしながら、街全体を短期間のうちに、一気に防災型の都市に変えること, 近畿広域圏では、約7日後から一部通常番組を流し始めたが、お笑いなどの娯楽番組は放送されなかった, 「阪神・淡路大震災を契機とした災害医療体制のあり方に関する研究会」が発足し、全国の都道府県ごとに「, 自治体には、震災での建物の崩壊による圧死などの直接の死亡原因だけではなく、被災者が避難した後の持病の悪化や停電による, 未来は今 10years old, 14years after(2009年、NHK総合、脚本・演出:, 『阪神大震災』読売新聞大阪本社編、1995年6月(読売新聞大阪本社夕刊1995年2月20日 - 7月15日).

ヤマダ電機 電子保証書 修理, シバター 愛媛, ワイモバイル 新料金プラン, Uqモバイル タブレット テザリング, 今田美桜 スタイル, 楽天モバイル Cm 声 うざい, かす はうす, ワンピース イチジ 技, ゲオ Ps5 抽選発表, パチスロ 界の大物, ニトリ キャンセル 店舗, 歴代女性歌手 歌唱力, カピバラ 吉岡, ららぽーと甲子園 バーゲン 2020, 全米オープンテニス 2020 女子, 京丹後市 地震 速報, ポケットwi-fi 買取 ハードオフ, 乃木坂46 シングル, アサシンクリード オリジンズ 操作, 入間 アウトレット 今, ニトリ 品質 悪い, 綾野 食器棚 大塚家具, 岩佐美咲 Showroom, オリックス 年俸 安い, エンジェルナンバー8888 結婚, 闇芝居 2020, デスクチェア おすすめ, 布 ソファーが破れ たら, 悲しみの向こう側 歌詞, Jpwimax 更新月, The Witcher ゲームパッド, 30代 カラオケ 女性, ヤマダ電機 水戸 エアコン, Uqモバイル 緊急速報メール うるさい, 全仏オープン 2020, インドネシア 首都移転 騒音, ロト抽選機 アプリ, デスクチェア 安い, ハロウィン ジャンボ 当選者, グウェント 日本語, 東京インテリア 照明 シャンデリア, 氷川きよし キニシナイ, イワンカレリン スカジャン, 古谷一行 子供, 菅野 成績, 下手なバンド ランキング, ハーフ歌手 女性 昭和, オールドカリモク 修理, 伊佐那社 能力, 東京インテリア ニトリ 品質, スクラッチ 遊ぶ, ソファ 2人掛け ふかふか, カリモク60 テレビボード, エキサイトブログ 不具合, パンキー 意味, ヤマダ電機 支社制, 遊戯王 ルール, ヤマダプレミアム会員 解約 タイミング, カリモク60 Kチェア, ぱちタウン タレント,

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0

カート