石田衣良 爽年

1960年生まれ、東京都出身、成蹊大学卒業。97年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞。以降、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞を、06年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞を受賞。13年には、『北斗―ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞を受賞。, 主人公の森中領は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、美しい女性がバーに現れた。女性の名前は御堂静香。「女なんてつまんないよ」という領に静香は”情熱の試験”を受けさせる。それは、静香が手がける会員制ボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。 //-->

var wpp_params = {"sampling_active":"1","sampling_rate":"100","ajax_url":"https:\/\/hon-hikidashi.jp\/wp-json\/wordpress-popular-posts\/v1\/popular-posts","ID":"50556","token":"345f764d09","debug":""}; #fb-root{ Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., Ltd. max-width: none !important; ブログを報告する, 気象情報で毎日のように開花予想を眺め、三分咲きにでもなろうものなら、お酒を片手に気のしれた人々と外へ繰り出す。卒業式、入学式、入社式…人生の節目にはだいたい桜がある。, 今回でぼくの物語は最後になるだろう。果てない巡礼にも、長らく続いた航海にも終わりのときはやってくる。それは巡礼者が目的のこたえを見つけ、帰るべき港に到着したからだ。, 一生の仕事だと考えていた娼夫という仕事にどんなふうに決着をつけたか、ゆっくりとおつきあいいただきたい。, 京都在住だが、たまに東京に来る時、買い物に付き合ってほしいという無性愛者のミズホ。, それぞれの女性が、自分の中になにかコンプレックスだったり、秘め事がある。「リョウになら、この秘め事を打ち明けてもいいかもしれない__」そう考えた女性たちは、決して安くはないお金を払って、リョウを1時間いくらで買う。, ではなぜ、打ち明ける相手がリョウでなければいけなかったのか。あるいは、なぜリョウを打ち明ける相手に選んだのか。, コンプレックスだとか、秘め事がひとつもない女性なんてこの世には存在しないだろう。それを、息をするように当たり前に、一人ひとりの、(見た目という概念ではなく)美しい女性に肉付けしていく石田先生の女性描写。毎回毎回、石田先生は本当は女なんじゃないかと錯覚する。, 忘れてはならないのが、人間、生きていれば必ず歳を取ること。時間は平等である。そして、多くの、ほとんどの女性が、老いると共に自分の価値が無くなると思っている。まるで機械の経年劣化のように。, 1人目の客であるセリナは、その経年劣化を気にする女性だ。周りより少し仕事や勉強をした。いつのまにか40代を過ぎていた。, 「それだけ大切に守ってきたものを、今日は捨てようと勇気をだしてきてくれたんですよね」, 「年齢なんて関係ないですよ。セックスをたのしむには、人それぞれにぴったりの年齢があるみたいです」, リョウに、裏表はないというか、仕事として割り切ってるわけではなく、思ったことをそのまま口にしているんだと思う。これって、普通なようで簡単にはできないこと。どうしても人って仕事とか、自分より優位に立っている人に対して、自分を飾りたくなるからね。リョウは女性に一時間いくらのお金で買ってもらっている人間なのに、自分を飾ろうとしない。, 「ぼくはセックスが好きというより、仕事としてのセックスとか、仕事を通じて女性を理解することが好きなんだと思う。セックスにはそんなに秘密はないけど、女性の心には秘密がたくさんある。」, 「心の秘密は女性の身体にでるんだ。それを読み解くのがうれしい。セックスをするたびに誰も読んだことのない暗号を解読している気になるんだ。自分でも変だと思うよ」, リョウが女性との性交渉をこう表している。うーん、これ、共感できる男性はどのくらいいるのだろう。いたら是非教えて下さいね。, 女性観点からすると、こう思ってくれる男性とできるのはめちゃくちゃ楽しいと思う。お互い楽しんでいるわけだからね。, 痛みと苦しみのみが快感に変わるという特別な感覚を持つアズマ。首を絞められて死ぬ時、彼はどれほどの快感に溺れたのだろうか。きっと、極上の快感を味わって死んだのだろう。, 時を同じくして、咲良がリョウの子を身籠る。そして、アズマの死をきっかけに、二人は生まれてくる子に、男の子でも女の子でも「アズマ」と名付けることを決める…。, 娼夫という仕事をしつつ、命が消える瞬間、生まれる瞬間に立ち会う、輪廻転生の力強さと、リョウの力強さに脱帽。, 今後、クラブパッションがどうなるかは描かれていないけれど、これでリョウはきっと幸せになれる。幸せになってほしい。ただそれだけを願えるシリーズが完結。, これはまだ、スタートに過ぎない。 - [Alexandros] 「THIS SUMMER FESTIVAL 2020」の現地で感じたこと. 今年の桜は特に早かったですね。気づいたら葉桜でした。 日本人は本当に桜が好きだと思う。 気象情報で毎日のように開花予想を眺め、三分咲きにでもなろうものなら、お酒を片手に気のしれた人々と外へ繰り出す。卒業式、入学式、入社式…人生の節目にはだいたい桜がある。

石田 衣良(いしだ いら) 1960年生まれ、東京都出身、成蹊大学卒業。97年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞。以降、2003年『4teen フォーティーン』で第129回直木賞を、06年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞を受賞。 padding: 0; 全編ベッドシーンで現代の性を描く「娼年」シリーズ完結!石田衣良『爽年』インタビュー:前編, 『娼年』が発売されたのは2001年、17年も前になるんですね。当時、テーマに「性」を選ばれたのはなぜだったんでしょうか?. 原作:石田衣良(『娼年』集英社文庫刊) border: none !important; box-shadow: none !important; 石田 衣良(いしだ いら、1960年3月28日[1] - )は、日本の小説家。本名は石平庄一[2](いしだいらしょういち[要出典]))。ペンネームの由来は本名「石平(いしだいら)」を分割したもの[要出典]。, 1960年生まれ。東京都江戸川区出身[3]。姉が2人いる[要出典]。子どものころから本を読むことが好きで、図書館から朝に借りた本を夕方返しに行き、また別の本を借りるということを毎日繰り返していた[3]。特に好きであったのはハヤカワ文庫や東京創元社のSF・ミステリで、アーサー・C・クラークやアイザック・アシモフが好きだったという[4]。, 1984年に成蹊大学経済学部を卒業[2][5]。その後はフリーター生活を送っていたが、母親の他界をきっかけに就職を決意し[4]、広告制作プロダクション・広告代理店にコピーライターとして勤務した後、33歳の時にフリーのコピーライターとなる。, 36歳の時に小説家になることを決意し[4]、数々の新人賞に応募。1997年、それまで応募したことのなかったミステリーの賞に応募したところ、第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞。そのデビュー作が「池袋ウエストゲートパーク」である。以後、『4TEEN フォーティーン』で第129回(2003年上半期)直木賞を、2006年、『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞を受賞する。同年、映画『LOVE MY LIFE』に出演した。, 時事問題や社会的に問題となった事件などに触発されて執筆を決意することが多く、『うつくしい子ども』は神戸連続児童殺傷事件が、『約束』は大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件が、『ブルータワー』はアメリカ同時多発テロ事件が、それぞれ執筆のきっかけとなっている[4]。, 2013年8月、雷田四位(らいだしい)というペンネームを使って初の電子書籍限定書き下ろしライトノベル作品『SAKASHIMA -東島進駐官養成高校の決闘』を小説投稿サイト「E★エブリスタ」で9月11日から半年間連載することを発表した[6][7]。, 2015年、有料メルマガを配信する「夜間飛行」より、月2回、第2・4金曜日に小説やエッセイなどを配信するウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊[8]。, 石田自身のアピールエピソードによれば、日頃の言動に対しては、朴訥、力まない、冷めた、気取った、と様々な評価があり、好みが分かれるという。書くテーマは幅広いが、中でも女性の書き方については定評があるという意見があると述べている[9]。, 映画「君の名は。」に対して、「(監督の新海誠は)楽しい恋愛を高校時代にしたことがないんじゃないですか。それがテーマとして架空のまま、生涯のテーマとして活きている。青春時代の憧れを理想郷として追体験して白昼夢のようなものを作り出していく、恋愛しない人の恋愛小説のパターンなんです」という批評をNEWSポストセブンの記事に掲載した。これは新海の目に留まり、「なぜ面識もない方に僕の人生経験の有無や生の実感まで透視するような物言いをされなければならないのか…笑」と返された[10]。, 外伝の「赤・黒」以外は、単行本が文藝春秋から、文庫本が文春文庫から刊行されている。, https://www.asahibeer.co.jp/news/2004/0630_2.html, 直木賞作家・石田衣良、ウェブで個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊!配信は第2、4金曜日, “『君の名は。』新海誠監督、石田衣良氏の批評に苦言「なぜ面識もない方に人生経験を透視するような物言いをされなければならないのか」”, https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0105/blnews_170105_5021652039.html, http://www.sankei.com/life/news/131023/lif1310230024-n1.html, http://www.oricon.co.jp/news/2080803/full/, 石田衣良のデビュー小説『池袋ウエストゲートパーク』が舞台化、主人公マコト役は大野拓朗に決定, https://web.archive.org/web/20090316000226/http:/www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/03/13/03.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=石田衣良&oldid=80092860, 2006年10月31日、MSN毎日インタラクティブで連載していたコラム「石田衣良の白黒つけます!!」にて、「中国、韓国と仲良くした方がいい? } ');

width: 1em !important; display: none; line-height: 18px !important; padding: 0 !important; (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ――『娼年』が発売されたのは2001年、17年も前になるんですね。当時、テーマに「性」を選ばれたのはなぜだったんでしょうか?, デビュー当初に、「何でも好きなものを書いていいよ」と言われて書き始めたのが『娼年』です。, その頃は新しい小説のアイデアが次々に湧いてきましたし、ちょうど「池袋ウエストゲートパーク」のドラマが放送されたりして、仕事がいろいろな方向に広がっていく時期でした。書き下ろしということで“枷”もなく、「今までとまったく違うことをやってみよう」というある種の野心もあって、「ほぼ全編ベッドシーンの話を正面から書き切ってみたい」という思いを実現させたのがこの作品です。, ベッドシーンは、昔から恋愛ものの短編小説などで書いていて楽しかったし、僕の場合は恋愛やセックスが文章の質にぴったりと合っていた。熱量が高いとか、コッテリしているタイプではないので、かえってはまるんでしょうね。人間の欲望や性、関係性といったものは絶対に古くなりません。小説家としてのキャリアの初期に見つけたテーマがこれだけ広がりをもち、性愛小説を語るうえで“現代のクラシック”といえる一冊になったのは幸運でした。, ――『娼年』『逝年』『爽年』と印象的なタイトルが並びますが、もともと3部作にしようという構想はあったのですか?, そういう気持ちは特になかったのですが、1冊目の『娼年』を書いたあとに、ある記者さんから「このお話には続きがあるのでは?」と言われたんです。「確かにそうだな」と思って、2冊目の『逝年』を書き始めた。今回の『爽年』は、『娼年』が舞台化・映画化されるにあわせて書いた、アンコールピースのようなところがあります。, ―― 本シリーズは「現代の性」がテーマですが、さまざまな欲望の形を描いてきた『娼年』『逝年』に対して、『爽年』では“性における困難”をすくい上げているのが印象的でした。「40代の処女」「セックスレス」「男性恐怖症」のほかに、「アセクシュアル(無性愛)」の女性も登場しますね。, この時代に読み応えのある素材を探していったら、そうならざるを得なかったんです。現実よりも一段尖らせて書くのが小説なので。, 『爽年』は「小説すばる」で連載したものなのですが、連載当時から「なぜか毎回『性の不可能性』に突き当たってしまう」「この感じはどうしてなんだろう?」と思っていました。極端にいえば、日本人の性がどんどん貧しくなっているんじゃないだろうかと。それで、不幸になっていく過程がシリーズ全体のベーストーンになってしまったのだと思います。, ―― 3作を通してリョウがさまざまな女性の心と身体を開いていく、性の多様性が感じられる小説ではありますが、現実は性の可能性が広がるどころか、不活性化の方向に進んでしまっているということでしょうか。本作を書き上げられて、何か答えは見つかりましたか?, 自分以外のために、みんなが無駄なものを使わなくなりましたよね。結婚や出産も、経済的なプラスマイナスで考えている。そうして無駄なものをカットしていく流れの中で、性とか恋愛がどんどん捨てられてしまっているなと感じました。, 格差社会のようなもので、全体が貧しくなる中で、ある一部に性の幸せや豊かさがぎゅっと詰まっている。このシリーズで書いているのは、そういう意味ではすごく豊かな性の現場です。そう考えると、「娼年」シリーズを女性の読者が多く支持してくださっているのは、みんな何かしら“性のつらさ”を抱えて生きているからなのかもしれませんね。, ―― 象徴的なのが、大学生時代にリョウの同級生だったメグミの変化です。『娼年』である行動を起こしたメグミは、『逝年』で和解してクラブの運営に携わり、『爽年』ではセックスレスの主婦として登場します。第1作ではリョウの“仕事”を受け入れられなかったメグミが、今作では「娼夫は将来有望な仕事」と言うまでに変わっていますよね。, 最初はあんなに潔癖な女の子だったのにね(笑)。でも結婚していても満たされないとなると、自然とそう考えるようになるんじゃないでしょうか。, 「結婚しなければ幸せになれない」と思い込む一方で、その“幸せ”が具体的にどんなものかを見つけられていない人は多いと思います。幸せの解を見ていないがために、日本人は人を愛するとか、継続的にセックスをするという、性愛の関係を維持することが下手になっている気がします。, ―― 実例を知るという意味では、リョウをはじめボーイズクラブのメンバーは、性の話に対してとてもオープンです。性の問題をフランクに話し合う雰囲気は、日本にはあまりないですよね。, それをしないからどんどん性が貧しくなるんですよね。ぜひ『娼年』シリーズや映画を、自分のパートナーと会話するきっかけにしてもらえたらいいなと思います。, いまの日本人って、みんな「誰も自分のことはわかってくれない」「自分は一人きりだ」と思って生きている気がします。, 恋愛とか性愛もそうで、誰もが持っている不満や願い、あるいはファンタジーを自分だけで抱えて生きるのではなくて、相手と共有するようにならないと、いつまでたっても性は楽しくならないのではないでしょうか。, 石田衣良 Ira Ishida

仮面ライダー 轟音 天井, 360度評価 失敗, 添田豪 サーブ, アサシンクリードオデッセイ ラゴス, 7gb制限 超えると, スーパーホテル 自動チェックイン, 北欧 ダイニングチェア ビンテージ, オクトパス トラベラー クリア 後 サブクエ, ニトロ爆弾 東海オンエア 給料, Reface アプリ 顔入れ替え, アーロンチェア リマスタード 大塚家具 価格, アサシンクリードオデッセイ オリジンズ どっち, ヤマダ電機 アプリ コールセンター, 緊急地震速報 スマホ, ホームセンター ウレタンスポンジ 売り場, ウィッチャー3 リアドン家の衰退 レソ, ヒロアカ 映画 レンタル, オクトパストラベラー ジェントルキャットリン, 年末ジャンボ 換金期限, ニトリ マットレス 持ち帰り ダブル, フランソワ フランシス, Unico ダイニングテーブル 中古, 緑谷出久 マッスルフォーム, エンボディチェア アーロンチェア, Amazon 携帯決済 危険, ニトリ 学習机 買取, ハーマン ミラアーム, 三浦春馬 城田優 音楽の日, 椎名林檎 Nippon 毎度あり, アサシンクリード オリジンズ オデッセイ, 80歳以上の 有名人, 芋 女 歌詞, ヤマダ電機 営業 台風, Toto 予想 当たらない, スーツ2 吉谷彩子, プリム ローズ オクトパス, みやま たかし, キンキーブーツ エンジェルス, サイバーパンク2077 めちゃくちゃ, Biglobeモバイル 店舗, スイッチ ドラクエ ダウンロード, カバーリングソファ 安い, 大野智子 北島三郎, スクラッチ 200円 3枚 確率, 女子会 ホテル 埼玉, ららぽーと横浜 ニュース, ハーマンミラー 中古, なんばパークス 照明, 錦織圭 ツイッター, 歌唱力 女性, サイバーパンク2020 日本, Au 1日解約ルール 2019, リフォーム オゾン, ウィッチャー3 トリス イェネファー どっち, レインポンチョ アウトドア, クイーンズスクエア アット, プログラミング 子供 スクラッチ, ゲラルト 英語, 宝くじ売り場 当たる 愛知, ロト6予想 ランキング, Wimax 解約後 使える, 浜崎あゆみ ツイッター, ポジティブフィードバック 母性, ビックカメラ キャッシュレス, シモンズ マットレス ダブル, 喧嘩 彼女に言い過ぎた, ふるさと納税 さとふる, フィードバック 部下から, 大塚家具 シネマ 口コミ, シモンズ マットレス ダブル, ジャンボ宝くじ 攻略, キャッシュバック 期限切れ 法律, 二ノ国 白き聖灰の女王 Remastered 違い, アサシンクリードオデッセイ 課金, 洋楽 女性グループ 80年代, 2009年 パチンコ, 家具の色を変えたい 業者, 大塚家具 学習机 アウトレット, 氷川きよし 袴, フィードバック うざい, 緊急地震速報 アメリカ, " />

石田衣良 爽年

background: none !important; } 石田 衣良; twitter. border: 0 !important; width: 100px; 石田衣良の新作・新刊情報や新たなプロジェクトについてお知らせしています。ネットの個人誌「石田衣良ブックトーク」では、ぼくがおもしろいと感じるすべてを投げ込んでいます。新作ショートショートも掲載していますのでぜひお試し下さい。

window._wpemojiSettings = {"baseUrl":"https:\/\/s.w.org\/images\/core\/emoji\/12.0.0-1\/72x72\/","ext":".png","svgUrl":"https:\/\/s.w.org\/images\/core\/emoji\/12.0.0-1\/svg\/","svgExt":".svg","source":{"concatemoji":"https:\/\/hon-hikidashi.jp\/wp-includes\/js\/wp-emoji-release.min.js?ver=5.3.4"}}; img.wp-smiley, text-indent: 0 !important; 製作:映画「娼年」製作委員会 document.write(''); clear: both !important; margin: 0 .07em !important; / ドラゴン&フラワー / 魔法のボタン, 余命1年のスタリオン(2013年5月 文藝春秋 / 2015年11月 文春文庫【上・下】), 暗闇を追いかけろ(2004年11月 光文社カッパ・ノベルス / 2008年5月 光文社文庫)「ラストコール」, あなたと、どこかへ。 eight short stories(2005年5月 文藝春秋 / 2008年5月 文春文庫)「本を読む旅」, 【分冊・改題】隠された鍵 ミステリー傑作選(2008年11月 講談社文庫)「伝説の星」, Love Letter(2005年12月 幻冬舎 / 2008年4月 幻冬舎文庫)「ありがとう」 - 「美丘」の短編バージョン, Vintage'06(ヴィンテージ・シックス)(2006年6月 講談社)「父の手」, LOVE or LIKE(2006年7月 祥伝社 / 2008年8月 祥伝社文庫)「リアルラブ?」, 午前零時(2007年6月 新潮社 / 2009年12月 新潮文庫)「真夜中の一秒後」, 【改題】恋のトビラ 好き、やっぱり好き。(2010年5月 集英社文庫)「ドラゴン&フラワー」, あなたに、大切な香りの記憶はありますか?(2008年10月 文藝春秋 / 2011年10月 文春文庫)「夢の香り」, 短篇ベストコレクション 現代の小説2009(2009年6月 徳間文庫)「ダガーナイフ」, 最後の恋 MEN'S つまり、自分史上最高の恋。(2012年5月 新潮文庫)「イルカの恋」, 目覚めよと彼の呼ぶ声がする(2007年11月 文藝春秋 / 2010年3月 文春文庫) - エッセイ集, 傷つきやすくなった世界で(2008年5月 日本経済新聞出版社 / 2011年11月 集英社文庫) - 「R25」の連載「空は、今日も、青いか?」をまとめたエッセイ集第2弾, 坂の下の湖(2010年10月 日本経済新聞社 / 2014年1月 集英社文庫) - 「R25」の連載「空は、今日も、青いか?」をまとめたエッセイ集第3弾, 傷つきやすい私たちが幸せになる方法 石田衣良の恋愛総研(2014年9月 PHP文芸文庫), Silent night(2005年11月 小学館) - クリスマスブック。写真家・, ぼくとひかりと園庭で(2005年11月 徳間書店 / 2010年10月 徳間文庫) - 銅版画・, 石田衣良の人生相談室―「答えはひとつじゃないけれど」(2008年7月 集英社 / 2011年1月 集英社文庫) - ひとコマ漫画・, 池袋ウエストゲートパーク SOUPの回(2003年3月28日、原作:池袋ウエストゲートパークIII 骨音), 池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE(2017年12月23日 - 2018年1月14日、東京芸術劇場シアターウエスト / 1月19日 - 21日、. vertical-align: top !important; ――『娼年』が発売されたのは2001年、17年も前になるんですね。当時、テーマに「性」を選ばれたのはなぜだったんでしょうか? デビュー当初に、「何でも好きなものを書いていいよ」と言われて書き始めたのが『娼年』です。 その頃は新しい小説のアイデアが次々に湧いてきましたし、ちょうど「池袋ウエストゲートパーク」のドラマが放送されたりして、仕事がいろいろな方向に広がっていく時期でした。書き下ろしという … min-height: 30px !important; border: 0 !important; .wsbl_twitter{

1960年生まれ、東京都出身、成蹊大学卒業。97年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞。以降、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞を、06年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞を受賞。13年には、『北斗―ある殺人者の回心』で第8回中央公論文芸賞を受賞。, 主人公の森中領は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、美しい女性がバーに現れた。女性の名前は御堂静香。「女なんてつまんないよ」という領に静香は”情熱の試験”を受けさせる。それは、静香が手がける会員制ボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。 //-->

var wpp_params = {"sampling_active":"1","sampling_rate":"100","ajax_url":"https:\/\/hon-hikidashi.jp\/wp-json\/wordpress-popular-posts\/v1\/popular-posts","ID":"50556","token":"345f764d09","debug":""}; #fb-root{ Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., Ltd. max-width: none !important; ブログを報告する, 気象情報で毎日のように開花予想を眺め、三分咲きにでもなろうものなら、お酒を片手に気のしれた人々と外へ繰り出す。卒業式、入学式、入社式…人生の節目にはだいたい桜がある。, 今回でぼくの物語は最後になるだろう。果てない巡礼にも、長らく続いた航海にも終わりのときはやってくる。それは巡礼者が目的のこたえを見つけ、帰るべき港に到着したからだ。, 一生の仕事だと考えていた娼夫という仕事にどんなふうに決着をつけたか、ゆっくりとおつきあいいただきたい。, 京都在住だが、たまに東京に来る時、買い物に付き合ってほしいという無性愛者のミズホ。, それぞれの女性が、自分の中になにかコンプレックスだったり、秘め事がある。「リョウになら、この秘め事を打ち明けてもいいかもしれない__」そう考えた女性たちは、決して安くはないお金を払って、リョウを1時間いくらで買う。, ではなぜ、打ち明ける相手がリョウでなければいけなかったのか。あるいは、なぜリョウを打ち明ける相手に選んだのか。, コンプレックスだとか、秘め事がひとつもない女性なんてこの世には存在しないだろう。それを、息をするように当たり前に、一人ひとりの、(見た目という概念ではなく)美しい女性に肉付けしていく石田先生の女性描写。毎回毎回、石田先生は本当は女なんじゃないかと錯覚する。, 忘れてはならないのが、人間、生きていれば必ず歳を取ること。時間は平等である。そして、多くの、ほとんどの女性が、老いると共に自分の価値が無くなると思っている。まるで機械の経年劣化のように。, 1人目の客であるセリナは、その経年劣化を気にする女性だ。周りより少し仕事や勉強をした。いつのまにか40代を過ぎていた。, 「それだけ大切に守ってきたものを、今日は捨てようと勇気をだしてきてくれたんですよね」, 「年齢なんて関係ないですよ。セックスをたのしむには、人それぞれにぴったりの年齢があるみたいです」, リョウに、裏表はないというか、仕事として割り切ってるわけではなく、思ったことをそのまま口にしているんだと思う。これって、普通なようで簡単にはできないこと。どうしても人って仕事とか、自分より優位に立っている人に対して、自分を飾りたくなるからね。リョウは女性に一時間いくらのお金で買ってもらっている人間なのに、自分を飾ろうとしない。, 「ぼくはセックスが好きというより、仕事としてのセックスとか、仕事を通じて女性を理解することが好きなんだと思う。セックスにはそんなに秘密はないけど、女性の心には秘密がたくさんある。」, 「心の秘密は女性の身体にでるんだ。それを読み解くのがうれしい。セックスをするたびに誰も読んだことのない暗号を解読している気になるんだ。自分でも変だと思うよ」, リョウが女性との性交渉をこう表している。うーん、これ、共感できる男性はどのくらいいるのだろう。いたら是非教えて下さいね。, 女性観点からすると、こう思ってくれる男性とできるのはめちゃくちゃ楽しいと思う。お互い楽しんでいるわけだからね。, 痛みと苦しみのみが快感に変わるという特別な感覚を持つアズマ。首を絞められて死ぬ時、彼はどれほどの快感に溺れたのだろうか。きっと、極上の快感を味わって死んだのだろう。, 時を同じくして、咲良がリョウの子を身籠る。そして、アズマの死をきっかけに、二人は生まれてくる子に、男の子でも女の子でも「アズマ」と名付けることを決める…。, 娼夫という仕事をしつつ、命が消える瞬間、生まれる瞬間に立ち会う、輪廻転生の力強さと、リョウの力強さに脱帽。, 今後、クラブパッションがどうなるかは描かれていないけれど、これでリョウはきっと幸せになれる。幸せになってほしい。ただそれだけを願えるシリーズが完結。, これはまだ、スタートに過ぎない。 - [Alexandros] 「THIS SUMMER FESTIVAL 2020」の現地で感じたこと. 今年の桜は特に早かったですね。気づいたら葉桜でした。 日本人は本当に桜が好きだと思う。 気象情報で毎日のように開花予想を眺め、三分咲きにでもなろうものなら、お酒を片手に気のしれた人々と外へ繰り出す。卒業式、入学式、入社式…人生の節目にはだいたい桜がある。

石田 衣良(いしだ いら) 1960年生まれ、東京都出身、成蹊大学卒業。97年、『池袋ウエストゲートパーク』で第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞。以降、2003年『4teen フォーティーン』で第129回直木賞を、06年『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞を受賞。 padding: 0; 全編ベッドシーンで現代の性を描く「娼年」シリーズ完結!石田衣良『爽年』インタビュー:前編, 『娼年』が発売されたのは2001年、17年も前になるんですね。当時、テーマに「性」を選ばれたのはなぜだったんでしょうか?. 原作:石田衣良(『娼年』集英社文庫刊) border: none !important; box-shadow: none !important; 石田 衣良(いしだ いら、1960年3月28日[1] - )は、日本の小説家。本名は石平庄一[2](いしだいらしょういち[要出典]))。ペンネームの由来は本名「石平(いしだいら)」を分割したもの[要出典]。, 1960年生まれ。東京都江戸川区出身[3]。姉が2人いる[要出典]。子どものころから本を読むことが好きで、図書館から朝に借りた本を夕方返しに行き、また別の本を借りるということを毎日繰り返していた[3]。特に好きであったのはハヤカワ文庫や東京創元社のSF・ミステリで、アーサー・C・クラークやアイザック・アシモフが好きだったという[4]。, 1984年に成蹊大学経済学部を卒業[2][5]。その後はフリーター生活を送っていたが、母親の他界をきっかけに就職を決意し[4]、広告制作プロダクション・広告代理店にコピーライターとして勤務した後、33歳の時にフリーのコピーライターとなる。, 36歳の時に小説家になることを決意し[4]、数々の新人賞に応募。1997年、それまで応募したことのなかったミステリーの賞に応募したところ、第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞。そのデビュー作が「池袋ウエストゲートパーク」である。以後、『4TEEN フォーティーン』で第129回(2003年上半期)直木賞を、2006年、『眠れぬ真珠』で第13回島清恋愛文学賞を受賞する。同年、映画『LOVE MY LIFE』に出演した。, 時事問題や社会的に問題となった事件などに触発されて執筆を決意することが多く、『うつくしい子ども』は神戸連続児童殺傷事件が、『約束』は大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件が、『ブルータワー』はアメリカ同時多発テロ事件が、それぞれ執筆のきっかけとなっている[4]。, 2013年8月、雷田四位(らいだしい)というペンネームを使って初の電子書籍限定書き下ろしライトノベル作品『SAKASHIMA -東島進駐官養成高校の決闘』を小説投稿サイト「E★エブリスタ」で9月11日から半年間連載することを発表した[6][7]。, 2015年、有料メルマガを配信する「夜間飛行」より、月2回、第2・4金曜日に小説やエッセイなどを配信するウェブ個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊[8]。, 石田自身のアピールエピソードによれば、日頃の言動に対しては、朴訥、力まない、冷めた、気取った、と様々な評価があり、好みが分かれるという。書くテーマは幅広いが、中でも女性の書き方については定評があるという意見があると述べている[9]。, 映画「君の名は。」に対して、「(監督の新海誠は)楽しい恋愛を高校時代にしたことがないんじゃないですか。それがテーマとして架空のまま、生涯のテーマとして活きている。青春時代の憧れを理想郷として追体験して白昼夢のようなものを作り出していく、恋愛しない人の恋愛小説のパターンなんです」という批評をNEWSポストセブンの記事に掲載した。これは新海の目に留まり、「なぜ面識もない方に僕の人生経験の有無や生の実感まで透視するような物言いをされなければならないのか…笑」と返された[10]。, 外伝の「赤・黒」以外は、単行本が文藝春秋から、文庫本が文春文庫から刊行されている。, https://www.asahibeer.co.jp/news/2004/0630_2.html, 直木賞作家・石田衣良、ウェブで個人誌『小説家と過ごす日曜日』を創刊!配信は第2、4金曜日, “『君の名は。』新海誠監督、石田衣良氏の批評に苦言「なぜ面識もない方に人生経験を透視するような物言いをされなければならないのか」”, https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0105/blnews_170105_5021652039.html, http://www.sankei.com/life/news/131023/lif1310230024-n1.html, http://www.oricon.co.jp/news/2080803/full/, 石田衣良のデビュー小説『池袋ウエストゲートパーク』が舞台化、主人公マコト役は大野拓朗に決定, https://web.archive.org/web/20090316000226/http:/www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/03/13/03.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=石田衣良&oldid=80092860, 2006年10月31日、MSN毎日インタラクティブで連載していたコラム「石田衣良の白黒つけます!!」にて、「中国、韓国と仲良くした方がいい? } ');

width: 1em !important; display: none; line-height: 18px !important; padding: 0 !important; (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ――『娼年』が発売されたのは2001年、17年も前になるんですね。当時、テーマに「性」を選ばれたのはなぜだったんでしょうか?, デビュー当初に、「何でも好きなものを書いていいよ」と言われて書き始めたのが『娼年』です。, その頃は新しい小説のアイデアが次々に湧いてきましたし、ちょうど「池袋ウエストゲートパーク」のドラマが放送されたりして、仕事がいろいろな方向に広がっていく時期でした。書き下ろしということで“枷”もなく、「今までとまったく違うことをやってみよう」というある種の野心もあって、「ほぼ全編ベッドシーンの話を正面から書き切ってみたい」という思いを実現させたのがこの作品です。, ベッドシーンは、昔から恋愛ものの短編小説などで書いていて楽しかったし、僕の場合は恋愛やセックスが文章の質にぴったりと合っていた。熱量が高いとか、コッテリしているタイプではないので、かえってはまるんでしょうね。人間の欲望や性、関係性といったものは絶対に古くなりません。小説家としてのキャリアの初期に見つけたテーマがこれだけ広がりをもち、性愛小説を語るうえで“現代のクラシック”といえる一冊になったのは幸運でした。, ――『娼年』『逝年』『爽年』と印象的なタイトルが並びますが、もともと3部作にしようという構想はあったのですか?, そういう気持ちは特になかったのですが、1冊目の『娼年』を書いたあとに、ある記者さんから「このお話には続きがあるのでは?」と言われたんです。「確かにそうだな」と思って、2冊目の『逝年』を書き始めた。今回の『爽年』は、『娼年』が舞台化・映画化されるにあわせて書いた、アンコールピースのようなところがあります。, ―― 本シリーズは「現代の性」がテーマですが、さまざまな欲望の形を描いてきた『娼年』『逝年』に対して、『爽年』では“性における困難”をすくい上げているのが印象的でした。「40代の処女」「セックスレス」「男性恐怖症」のほかに、「アセクシュアル(無性愛)」の女性も登場しますね。, この時代に読み応えのある素材を探していったら、そうならざるを得なかったんです。現実よりも一段尖らせて書くのが小説なので。, 『爽年』は「小説すばる」で連載したものなのですが、連載当時から「なぜか毎回『性の不可能性』に突き当たってしまう」「この感じはどうしてなんだろう?」と思っていました。極端にいえば、日本人の性がどんどん貧しくなっているんじゃないだろうかと。それで、不幸になっていく過程がシリーズ全体のベーストーンになってしまったのだと思います。, ―― 3作を通してリョウがさまざまな女性の心と身体を開いていく、性の多様性が感じられる小説ではありますが、現実は性の可能性が広がるどころか、不活性化の方向に進んでしまっているということでしょうか。本作を書き上げられて、何か答えは見つかりましたか?, 自分以外のために、みんなが無駄なものを使わなくなりましたよね。結婚や出産も、経済的なプラスマイナスで考えている。そうして無駄なものをカットしていく流れの中で、性とか恋愛がどんどん捨てられてしまっているなと感じました。, 格差社会のようなもので、全体が貧しくなる中で、ある一部に性の幸せや豊かさがぎゅっと詰まっている。このシリーズで書いているのは、そういう意味ではすごく豊かな性の現場です。そう考えると、「娼年」シリーズを女性の読者が多く支持してくださっているのは、みんな何かしら“性のつらさ”を抱えて生きているからなのかもしれませんね。, ―― 象徴的なのが、大学生時代にリョウの同級生だったメグミの変化です。『娼年』である行動を起こしたメグミは、『逝年』で和解してクラブの運営に携わり、『爽年』ではセックスレスの主婦として登場します。第1作ではリョウの“仕事”を受け入れられなかったメグミが、今作では「娼夫は将来有望な仕事」と言うまでに変わっていますよね。, 最初はあんなに潔癖な女の子だったのにね(笑)。でも結婚していても満たされないとなると、自然とそう考えるようになるんじゃないでしょうか。, 「結婚しなければ幸せになれない」と思い込む一方で、その“幸せ”が具体的にどんなものかを見つけられていない人は多いと思います。幸せの解を見ていないがために、日本人は人を愛するとか、継続的にセックスをするという、性愛の関係を維持することが下手になっている気がします。, ―― 実例を知るという意味では、リョウをはじめボーイズクラブのメンバーは、性の話に対してとてもオープンです。性の問題をフランクに話し合う雰囲気は、日本にはあまりないですよね。, それをしないからどんどん性が貧しくなるんですよね。ぜひ『娼年』シリーズや映画を、自分のパートナーと会話するきっかけにしてもらえたらいいなと思います。, いまの日本人って、みんな「誰も自分のことはわかってくれない」「自分は一人きりだ」と思って生きている気がします。, 恋愛とか性愛もそうで、誰もが持っている不満や願い、あるいはファンタジーを自分だけで抱えて生きるのではなくて、相手と共有するようにならないと、いつまでたっても性は楽しくならないのではないでしょうか。, 石田衣良 Ira Ishida

仮面ライダー 轟音 天井, 360度評価 失敗, 添田豪 サーブ, アサシンクリードオデッセイ ラゴス, 7gb制限 超えると, スーパーホテル 自動チェックイン, 北欧 ダイニングチェア ビンテージ, オクトパス トラベラー クリア 後 サブクエ, ニトロ爆弾 東海オンエア 給料, Reface アプリ 顔入れ替え, アーロンチェア リマスタード 大塚家具 価格, アサシンクリードオデッセイ オリジンズ どっち, ヤマダ電機 アプリ コールセンター, 緊急地震速報 スマホ, ホームセンター ウレタンスポンジ 売り場, ウィッチャー3 リアドン家の衰退 レソ, ヒロアカ 映画 レンタル, オクトパストラベラー ジェントルキャットリン, 年末ジャンボ 換金期限, ニトリ マットレス 持ち帰り ダブル, フランソワ フランシス, Unico ダイニングテーブル 中古, 緑谷出久 マッスルフォーム, エンボディチェア アーロンチェア, Amazon 携帯決済 危険, ニトリ 学習机 買取, ハーマン ミラアーム, 三浦春馬 城田優 音楽の日, 椎名林檎 Nippon 毎度あり, アサシンクリード オリジンズ オデッセイ, 80歳以上の 有名人, 芋 女 歌詞, ヤマダ電機 営業 台風, Toto 予想 当たらない, スーツ2 吉谷彩子, プリム ローズ オクトパス, みやま たかし, キンキーブーツ エンジェルス, サイバーパンク2077 めちゃくちゃ, Biglobeモバイル 店舗, スイッチ ドラクエ ダウンロード, カバーリングソファ 安い, 大野智子 北島三郎, スクラッチ 200円 3枚 確率, 女子会 ホテル 埼玉, ららぽーと横浜 ニュース, ハーマンミラー 中古, なんばパークス 照明, 錦織圭 ツイッター, 歌唱力 女性, サイバーパンク2020 日本, Au 1日解約ルール 2019, リフォーム オゾン, ウィッチャー3 トリス イェネファー どっち, レインポンチョ アウトドア, クイーンズスクエア アット, プログラミング 子供 スクラッチ, ゲラルト 英語, 宝くじ売り場 当たる 愛知, ロト6予想 ランキング, Wimax 解約後 使える, 浜崎あゆみ ツイッター, ポジティブフィードバック 母性, ビックカメラ キャッシュレス, シモンズ マットレス ダブル, 喧嘩 彼女に言い過ぎた, ふるさと納税 さとふる, フィードバック 部下から, 大塚家具 シネマ 口コミ, シモンズ マットレス ダブル, ジャンボ宝くじ 攻略, キャッシュバック 期限切れ 法律, 二ノ国 白き聖灰の女王 Remastered 違い, アサシンクリードオデッセイ 課金, 洋楽 女性グループ 80年代, 2009年 パチンコ, 家具の色を変えたい 業者, 大塚家具 学習机 アウトレット, 氷川きよし 袴, フィードバック うざい, 緊急地震速報 アメリカ,

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0

カート