ブルボン王朝 紋章

ブルボン王朝 紋章

16世紀末のアンリ4世に始まり、絶対王政の全盛期ルイ14世時代の繁栄を現出したが、イギリスとの植民地戦争で国力を消耗、アンシャンレジームの行き詰まりからフランス革命が起こるまでの王朝。 ブルボン朝(ブルボンちょう、フランス語: dynastie des Bourbons)は、近世フランス王国の王朝である。1589年から1792年まで、一時中断を挟んで1814年から1830年まで続いた。文化史の分野ではルイ王朝と呼ばれることがある。これはこの王朝にルイという名の国王が何代にもわたって続いたからである。カペー朝の支流である。, ヴァロワ朝の末期には王家支流のほとんどが断絶していて、遠縁筋のブルボン家でも分家となる新教徒のアンリ・ド・ナヴァールが王位継承者として定まった。そして新旧両派の宗教戦争であったユグノー戦争の最中にアンリ3世が暗殺されてヴァロワ朝が断絶、そのナヴァール王がアンリ4世としてが本来カトリックのフランス国王として即位したことでブルボン朝が成立した。このときメディチ家の財力を受け継いだ。ルイ14世の時代には絶対王政を築き、ハプスブルク家と政略結婚もし、領土拡大など戦果を上げて最盛期を迎えた。, フランス革命でブルボン家は王位を追われてフランスを去り、ナポレオン1世の失脚により王政復古で舞い戻ったが、七月革命によって再度王位を追われた。現在のスペイン王室は分家にあたる。, ヴァロワ朝断絶後、ブルボン家当主であったナバラ王アンリがアンリ4世として国王に即位したことによりブルボン朝が成立した。「良王」と称されるアンリ4世は、ナントの勅令による国家の統合と内紛で疲弊した経済の再建を目指したが、宗教紛争の影響により1610年に暗殺された。, 1610年に即位したルイ13世は幼かったものの、王母マリー・ド・メディシスと摂政となったリシュリューの政策によって、フランスの絶対主義体制が整えられていった。またドイツで起こった三十年戦争を表裏一体となって、支援介入し、国際的地位を確立していった。ただしフランス国王を神聖ローマ皇帝に戴冠するという野望は挫折した。, アンリ4世の孫が、「太陽王」として有名な絶対君主ルイ14世である。ルイ14世は摂政であったマザランの死後、親政を開始した。このルイ14世の時代にフランスの絶対王政が確立し、フランス文化(ヴェルサイユ文化)と呼ばれる文化も発展した。, ルイ14世はネーデルラント継承戦争やオランダ侵略戦争によって領土を拡大し、国際社会におけるフランスの地位を向上させた。その反面、相次ぐ戦争などによって軍事費が膨張し、さらにナントの勅令の廃止(フォンテーヌブローの勅令)のためにフランス資本が海外流出するなど、フランス経済の混乱を招き、財政再建を課税で賄った。, ルイ14世の死後、その後を継いだ曾孫であるルイ15世も、オーストリア継承戦争をはじめとする対外戦争にたびたび出兵して膨大な軍事費を課税で賄った。こうしてフランス革命の遠因を作ることとなった。, ルイ15世の孫ルイ16世の時代にフランスの財政は破綻に瀕した。このため、ルイ16世はそれまで特権階級であった貴族や聖職者にも課税しようと1789年に全国三部会を召集したが紛糾し、それがフランス革命勃発の直接の原因となった。, フランス革命では、革命政府内部でも権力闘争が起こり、さらにフランスの縁戚であったオーストリアなどの干渉もあってフランス国内は混乱が続いたが、1792年に遂に王権が停止され(8月10日事件)、国民公会によって王政が廃止された。1793年にはルイ16世が処刑された。, ルイ16世の死後、その息子である幼少のルイ17世は革命政府からぞんざいな扱いを受け、1795年に病死した(生存説もある)。これ以降、ルイ16世の弟プロヴァンス伯爵(後のルイ18世)が亡命先でフランス国王を自称した。, その後、フランスではナポレオン1世による第一帝政が成立したが、ロシア遠征の失敗でナポレオンは1814年に失脚することとなる。そしてウィーン会議の下、ロシア帝国やオーストリア帝国など対仏大同盟諸国の折衝の結果、ルイ18世がフランス国王として即位し、ブルボン朝が復活した。, ルイ18世の死後、後を継いだ弟シャルル10世は絶対王政の復活を目指して議会の解散を強行しようとしたため、国民が反発して1830年に七月革命が起こる。この革命によってシャルル10世はイギリスに亡命し、ブルボン家支流オルレアン家のルイ・フィリップが国王となる。この王朝はオルレアン朝と呼ばれ、ブルボン朝とは区別される。, その後ブルボン家嫡流からフランス国王が立つことはなかったが、シャルル10世およびその子孫の復辟を望む人々は一定の勢力を保ち、レジティミスト(正統王朝派)と呼ばれた。フランス・ブルボン家の嫡流が絶えた後、レジティミストはスペイン・ブルボン家(の分流)を正統王朝の後継者として現在に至っている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ブルボン朝&oldid=75685630. こんばんは!ビー玉です。 今宵は、【大人の美術館】へようこそ・・・ 本館、【大人の美術館】は、素人の素人による素人のための妄想美術館です。 ゆる~い気持ちでリラックスしながらご観覧ください。「知ると絵画は色っぽい」をコンセ... こんばんは!ビー玉です。 今宵は大人の美術館は休館です。 気楽に「神話」にまつわる豆知識的な雑談をいたしましょう(*´﹀`*) 絵画界における最高位の芸術「神話画」に隠された本当のエロスとは? とうい記事を書いときに... こんばんは!ビー玉です。 今宵は、【大人の美術館】へようこそ・・・ 当館【大人の美術館】は、web上の仮想美術館です。 「知ると絵画は色っぽい」をコンセプトに、今宵も大人の美術館は開館します。 本日のテーマは、「性」では... 国立西洋美術館で開催中の「ルーベンス展」のみどころと楽しみ方を教えます。日本人に馴染みのない聖書や神話の世界をエロスを通して楽しみましょう!フランダースの犬「ネロ」が最後にみた絵画の意味とは?. ブルボン王朝の紋章に使われていたユリの花の意匠を元にした星座で、おひつじ座とさんかく座の間にあります。 現在では、ユリ座が描かれている星図は、残念ながら使われていませんが、その名の通り由緒正しく華やかな起源を持つ星座です。 ブルボン家(仏: Maison de Bourbon)は、ヨーロッパの王家で、フランス王家カペー家の支流の一つ。かつてのフランス王家、また現在のスペイン王家であり、さらに両シチリア王国など現在のイタリアの一部を治めていた家系もある。現在のルクセンブルク大公家も男系ではブルボン家の後裔。, ブルボン(Bourbon)の語源は、ケルト語で「泥」を意味する borvo もしくは borbo である。[要出典], ブルボン家の家名の由来となったブルボネーはフランスの中心部に位置し、文字通り王国の心臓部とも呼ぶべき場所であった。カール・マルテルの子孫といわれるアデマール (fr) が10世紀にこの地の最初の領主となり、ブルボン城(現在のブルボン=ラルシャンボーにあった)にちなんで自らの家名をブルボン家と称した。この古ブルボン家とも呼ぶべき家系 (fr) は、1218年に女領主マティルド (en) の死によって断絶し、その息子であるダンピエール家 (fr) (ダンピエール領主)のアルシャンボー8世 (en) によって相続される。しかしこのダンピエール=ブルボン家も、アルシャンボー8世の息子アルシャンボー9世 (en) が1249年に男子を残さず没する。その娘アニェス (en) はブルゴーニュ公ユーグ4世の息子ジャンと結婚し、2人の娘ベアトリス (en) は国王ルイ9世の末子クレルモン伯ロベールと結婚する。ベアトリスとロベールの息子ルイ1世は国王シャルル4世によって1327年にブルボン公に叙せられる。これがカペー系ブルボン家の始まりである。, 1328年にシャルル4世が死去し、ヴァロワ家のフィリップ6世が即位してヴァロワ朝が始まるが、イングランド王エドワード3世がこれに異を唱え、百年戦争が勃発する。ブルボン家はヴァロワ家の外戚、有力諸侯としてこれを支えていくことになる。, 第2代ブルボン公ピエール1世は1356年のポワティエの戦いで戦死し、息子ルイ2世が公位を継いだ。この戦いで捕虜となった国王ジャン2世はロンドンで虜囚のまま1364年に死去し、ルイ2世の妹ジャンヌを妃とするシャルル5世が即位する。ジャンヌは1373年に突如発狂したが、精神障害はブルボン家の近親者に多かれ少なかれ見られ、遺伝性疾患であったと考えられている。これはヴァロワ家、後にランカスター家にも遺伝し、フランスとイングランドの歴史を大きく左右することになる。, 1380年にシャルル5世とジャンヌの息子シャルル6世が王位に即き、新王の伯父ブルボン公ルイ2世は先王の弟たちとともにその後見人となった。シャルル6世が1392年に発狂して以後、王弟オルレアン公ルイの一派(オルレアン派)と叔父フィリップ豪胆公(後に息子ジャン無怖公)の一派(ブルゴーニュ派)の間で権力抗争が繰り広げられたが、ルイ2世はこの争いには加担しなかったらしい。1410年にルイ2世が73歳で没すると、ブルボン公位を継いだ息子ジャン1世は、暗殺されたオルレアン公ルイの遺児シャルルを首領として同年に結集したアルマニャック派に加わった。, 1415年のアジャンクールの戦いで、フランス軍はヘンリー5世率いるイングランド軍に大敗し、オルレアン公シャルルを始めとする多くの貴族が捕虜となった。ブルボン公ジャン1世も捕虜となってロンドンへ送られ、ジャン1世の息子シャルル1世が不在の父に代わって実質的な家長となったが、若年のため母マリーが後見した。翌1416年には、マリーの父でヴァロワ家の長老であったベリー公ジャンが没するが、ベリー公には男子の後継者がなく、マリーが所領の一部であるオーヴェルニュ公領およびモンパンシエ伯領を相続した。のち、マリーの長男であるシャルル1世は前者を譲られ、三男ルイは後者を譲られてブルボン=モンパンシエ家を興す。, 1419年、無怖公はアルマニャック派によって暗殺され、息子フィリップ善良公は報復としてイングランドと同盟する(アングロ=ブルギニョン同盟)。1422年にヘンリー5世とシャルル6世が相次いで没するが、ブルボン公シャルル1世はシャルル6世の息子シャルル7世に忠実に仕え、シャルル7世も自分とほぼ同年齢で有力な一族であるシャルル1世を信頼し重用するようになった。イングランドとブルゴーニュがネーデルラントを巡って仲違いを始めると、シャルル7世はすかさず善良公と1424年にシャンベリーの協定を結んで相互不可侵を獲得する。さらにシャルル7世は善良公を自分の陣営に引き込むため、翌1425年にシャルル1世及び懐刀でもあるフランス元帥アルテュール・ド・リッシュモンを善良公の姉妹であるアニェス、マルグリットとそれぞれ結婚させた。, 1434年にジャン1世がロンドンで虜囚のまま没したことにより、シャルル1世は名実ともにブルボン公となった。同年末のヌヴェールでの協議において、リッシュモン元帥の調停によりシャルル1世と善良公は和解する。翌1435年のアラス会議には、フランス側の代表としてシャルル1世とリッシュモンが派遣された。会議は成功しアラスの和約が結ばれ、シャルル1世とリッシュモンは善良公の前で十字架に手を差し伸べ、無怖公への哀悼を示した。その後、シャルル1世は善良公と手を組んで街中を行進することで和解をアピールした[1]。, しかしその頃から、リッシュモンによる常備軍としての国王軍創設の改革を原因として、ブルボン公シャルル1世とシャルル7世の関係は微妙なものとなる。1440年に発覚したプラグリーの乱は、シャルル1世がアランソン公ジャン2世やジャン・ド・デュノワら他の王族と謀り、シャルル7世を廃位して王太子ルイを王位に就けようと企てた事件であった。陰謀はリッシュモンに露見して失敗に終わり、シャルル1世は逃亡したが、後に自らシャルル7世の許に出頭して謝罪した。シャルル1世は罪を許されたものの、領地の一部を没収された。, シャルル1世は百年戦争終結から3年後の1456年に没し、息子ジャン2世が公位を継ぐ。1461年にはシャルル7世が死去し、ブルゴーニュ公国に亡命していた王太子ルイがルイ11世として王位に就く。ルイ11世は父王の中央集権化政策をさらに推し進め、ジャン2世を始めとする多くの諸侯の反発を招いた。ジャン2世は、自らの従弟で妹婿でもある善良公の嫡男シャルル(のちの突進公)らを始めとする諸侯を糾合して公的同盟 (en) を結成する。, 1467年にブルゴーニュ公位を継いだシャルル突進公は、ヨーク家のイングランド王エドワード4世と同盟し、共同でフランスに攻め寄せた。この戦いに際して、ジャン2世の庶弟ルイはフランス海軍元帥に任じられ、艦隊を率いてアラス一帯でゲリラ活動を行い、アングロ=ブルギニョン連合軍を撹乱した。ルイはさらに、エドワード4世との間で1475年にピキニー条約(英語版)を取りまとめてアングロ=ブルギニョン同盟を崩壊させた[2]。, 1488年に死去したジャン2世には庶子しかいなかったため、聖職にあった三弟シャルル2世が公位を継いだ。ジャン2世の庶子の家系はラヴェンダン子爵、バシアン男爵、マローズ公爵となった。しかしシャルル2世は兄の死から5ヶ月余り後に死去した。四弟のリエージュ司教ルイ (en) には男子がいたものの庶子扱いされ(この家系はブルボン=ビュッセ家 (en) と呼ばれ、現在まで続いている)、末弟ピエール2世が公位を継いだ。ピエール2世はシャルル8世王の姉アンヌ・ド・ボージューの夫であり、妻と共に義弟の摂政を務めていた。, 唯一の男子に先立たれていたピエール2世が1503年に死去すると、ブルボン家嫡流(第一ブルボン家)の男子は絶えた。そのため、ピエール2世の娘シュザンヌと、その又従兄に当たる傍系ブルボン=モンパンシエ家のモンパンシエ伯シャルル(シャルル3世)が結婚して、共同で公位を継承した。ヴァロワ家でもシャルル8世の死で嫡流が絶え、オルレアン公シャルルの息子ルイ12世が王位を継承し、続いて従甥で娘婿であるフランソワ1世が1515年に王位に就く。, シャルルはモンパンシエ伯ルイ1世の孫で、その息子ジルベールとマントヴァ侯フェデリーコ1世の娘クララの息子であった。伯位は父からシャルルの兄ルイ2世に継承されていたが、ルイ2世が未婚のまま早世したためシャルルが継承者となった。, シャルル3世はマリニャーノの戦い(英語版)で功を立てて元帥に任じられ、さらにはミラノ総督に任じられたが、有能さ故に恐れられたのか、間もなく更迭されて帰国を命じられた。1521年に妻シュザンヌが没すると、フランソワ1世の母でブルボン公シャルル1世の娘マルグリットを母とするルイーズ・ド・サヴォワがブルボン家の相続権を主張し、シュザンヌの領地はフランソワ1世に没収された。これに憤激したシャルル3世は1523年、フランソワ1世の宿敵である神聖ローマ皇帝カール5世と密約を交わし、イングランド王ヘンリー8世も巻き込んだ陰謀を企てた。しかし、この陰謀はフランソワ1世に露見し、シャルル3世はカール5世の許へ逃亡した。, カール5世の下で軍の指揮を委ねられたシャルル3世は、1525年のパヴィアの戦いでフランソワ1世を捕虜とする活躍を見せた。フランソワ1世は翌1526年にマドリード条約を締結して釈放されるが、すぐに破棄して1527年に戦争を再開する。カール5世は、フランソワ1世に与した教皇クレメンス7世への懲罰として、シャルル3世を指揮官とする軍勢をローマへ差し向けた。シャルル3世率いる皇帝軍は教皇軍を敗走させたが、ローマを包囲中にシャルル3世は戦死した。指揮官の死によって皇帝軍は統制を失い、ローマ略奪が起こった。, シャルル3世の死をもってブルボン家の本流は絶えた。代わって、ブルボン公ルイ1世の四男ラ・マルシュ伯ジャック1世 (en) から5代目の末裔であるヴァンドーム公シャルルがブルボン家の家長となったが、ブルボン公の称号と所領はルイーズ・ド・サヴォワを経てヴァロワ=アングレーム王家のものとなった。ラ・マルシュ伯の家系をブルボン=ラ・マルシュ家と呼ぶが、ジャック1世の子ジャン1世 (en) は婚姻によりヴァンドーム伯位を獲得し、次男ルイ (en) がこれを継承した。ラ・マルシュ伯はルイの兄ジャック2世 (en) が継承したが、男子がなく断絶した。ラ・マルシュ伯はルイから3代にわたって継承されたが、シャルルの代に至ってヴァンドーム公に昇叙されていた。この家系を特にブルボン=ヴァンドーム家と呼ぶ。一方、シャルルの叔父ルイ (en) はシャルル3世の姉ルイーズ (en) と結婚しており、ブルボン朝初期まで続く第二ブルボン=モンパンシエ家を興している。, ヴァンドーム公シャルルの伯母ジャンヌは、初め宗家のブルボン公ジャン2世の3人目の妻となり、死別後の再婚でカトリーヌ・ド・メディシスの母マドレーヌ・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュをもうけている。また、シャルルの妹アントワネットはギーズ公クロードに嫁いでおり、フランソワ2世の王妃でもあったスコットランド女王メアリー・ステュアートやアンリ4世と敵対するギーズ公アンリ1世はその孫であった。, シャルルの息子アントワーヌは、ナバラ女王ジャンヌ・ダルブレと結婚してナバラ王位を獲得した。ジャンヌの家系アルブレ家はナバラ王家としてピレネー山脈以北のバス=ナヴァール(低ナバラ、現在のフランス領バスク)を治めた他、フォワ、ベアルンなどフランス南部に所領を持つ大貴族であり、ジャンヌはその最後の当主であった。また、ジャンヌの母マルグリットはフランソワ1世の姉であり、さらに最初の夫アランソン公シャルル4世がアントワーヌの母方の伯父であるという縁もあった。ジャンヌは熱心なユグノーであり、カルヴァン派を国教として領内のカトリック教徒を弾圧した。1553年にジャンヌが夫アントワーヌとの間に儲けたのが、のちのフランス王アンリ4世である。, アントワーヌの弟のうち、ブルボン枢機卿およびルーアン大司教シャルルは国王アンリ3世の死後にアンリ4世の対立王「シャルル10世」として擁立されたが、間もなく死去した(1589年 - 1590年)。末弟のコンデ公ルイ1世はブルボン=コンデ家の祖である。この家系からはさらにブルボン=コンティ家が分かれている。, アンリ4世の即位後、ヴァンドーム公位は庶子セザールに授けられ、第2のブルボン=ヴァンドーム家を興したが、孫のフィリップの代で断絶した。, アントワーヌとジャンヌ・ダルブレの子アンリは、父からヴァンドーム公位とともにブルボン家家長の地位およびフランス王位継承権を、母からナバラ王位を継承していたが、ヴァロワ朝の断絶に際してフランス王アンリ4世として即位した。ルイ14世のとき絶対君主制を確立したが、フランス革命で一時中断、復古王政ののち1830年の7月革命をもって嫡流はフランス王位を失った。, 7月革命の後にブルボン家嫡流に代わって即位したルイ・フィリップの家系オルレアン家(ブルボン=オルレアン家)もブルボン家の支流の一つであり、ルイ14世の弟オルレアン公フィリップ1世に始まる。, スペインでアブスブルゴ(ハプスブルク)家が断絶した後、1700年にフランスのルイ14世が孫のアンジュー公フィリップ(フェリペ5世)をスペイン王に即位させた。この企てはスペイン継承戦争を招いたが、戦争の結果各国が即位を承認し、ボルボン朝が成立した。1931年にアルフォンソ13世が退位した後、長く王位を失っていたが、1975年に孫のフアン・カルロス1世が即位して王制が復活した。, フェルナンド7世死後、その娘であるイサベル2世が即位したが、フェルナンド7世の弟であるモリナ伯カルロスはこれに反発して、カルロス5世として独自に即位した。以後、スペインはイサベル2世派とカルロス5世派とに分かれて内戦が勃発した。カルロス5世及びその子孫を支持する一派をカルリスタと呼ぶことから、この内戦はカルリスタ戦争という。カルロス5世の男系子孫の最後の男子であるサン・ハイメ公アルフォンソ・カルロス(アルフォンソ・カルロス1世)が死去した後は、カルリスタはそれぞれ独自の王を立て、分裂している。なお、モンティソン伯フアン・カルロス(フアン3世)以降はレジティミストの要請により名目上のフランス王位も兼ねていた(後述)。, イタリア南部のナポリ王国とシチリア王国はもともとアラゴン王国の支配下にあったが、アラゴン王国がスペインに統合されることによって、スペイン王家の支配を受けるようになった。ナポリとシチリアは形式的に分かれているだけで、どちらもスペインの支配下にあり、フランス・ブルボン家がスペイン王となるに及んで、ブルボンの支配はこれら王国にも及んだ。ところが、スペイン・ブルボン家初代フェリペ5世即位後勃発したスペイン継承戦争でオーストリアがナポリとシチリアを占領した。オーストリアの支配は1707年から1734年まで続いた。, ポーランド継承戦争中、フェリペ5世の王子でパルマ公だったドン・カルロスが武力でナポリとシチリアを奪回し、ナポリ王カルロ7世およびシチリア王カルロ5世となった。ここにブルボン家は南イタリアをも獲得したことになる。その後、カルロ7世はスペイン王位に即位してカルロス3世となり、ナポリとシチリアは息子のフェルディナンドに譲った。これがナポリ王フェルディナンド4世(シチリア王フェルディナンド3世)である。, 19世紀始めのナポレオン戦争でナポリは一時フランス帝国の支配下に落ちたが、1816年のウィーン議定書によって返還され、両シチリア王国として再出発した。ナポリ王フェルディナンド4世(=シチリア王フェルディナンド3世)は両シチリア王フェルディナンド1世となった。両シチリアのブルボン家は4代続いたが、1860年にガリバルディに征服され、統一イタリア王国に併合された。廃位後も家系は今日まで存続している。, イタリア北部のパルマ公国はファルネーゼ家によって建てられた国であるが、ファルネーゼ家が断絶した際に、フェリペ5世の王妃エリザベッタ・ファルネーゼの尽力によって息子ドン・カルロス(カルロス3世)が公位を継承した。その後パルマはポーランド継承戦争の結果オーストリア・ハプスブルク家に渡るが(ドン・カルロスは代わってナポリとシチリアの王位に就く)、オーストリア継承戦争の講和条約であるアーヘンの和約で再びスペイン・ブルボン家に戻り、カルロスの弟フィリッポが公位に就いた。このフィリッポの家系をブルボン=パルマ家(ボルボーネ=パルマ家)と呼ぶ。, フィリッポの死後は息子フェルディナンドが公位を継いだが、パルマはナポレオン・ボナパルトに征服され、フェルディナンドの息子ルドヴィーコは新たに建てられたエトルリア王国の王位に就けられた。エトルリア王国はルドヴィーコの息子カルロ・ルドヴィーコの代にフランスに併合され、カルロ・ルドヴィーコはウィーン会議の結果ルッカ公となったが、ルッカ公国は1847年にトスカーナ大公国に併合され、カルロ・ルドヴィーコはパルマ公位を得た後に死去した。, その後、パルマ公は2代続くが、パルマ公国は住民投票によって1860年にサルデーニャ王国に併合されて消滅した。因みに、最後のパルマ公ロベルト1世は廃位後に24人の子をもうけており、10人の男子のうちから今日まで存続している家系もある。その一つは、ルクセンブルク大公シャルロットと結婚したフェリックス公子の家系である。ルクセンブルク大公家はルクセンブルク家あるいはナッサウ=ヴァイルブルク家の家名を用いているが、男系ではブルボン家の後裔に当たる。, フランス革命以後もブルボン家をフランス王家として支持した王党派をレジティミスト(Legitimists)あるいは正統派という。彼らはボナパルト家支持者であるボナパルティスト、あるいは同じく王党派とされるがオルレアン家を支持するオルレアニスト(オルレアン派)と対立しながら、今日まで存在し続けている。, シャルル10世の孫、シャンボール伯アンリ・ダルトワの死によってルイ15世の男系男子が絶えると、レジティミストの一部はオルレアニストに合流したが、一部はサリカ法に基づいてスペイン・ブルボン家の王族をフランス王家継承者に推し、今日に至っている。, 現在はスペイン・ブルボン家の分家のルイス・アルフォンソ・デ・ボルボーンが「ブルボン家家長」「フランス王ルイ20世」として支持されている。これに対してオルレアニストはパリ伯兼フランス公ジャン・ドルレアン(ジャン4世)がフランス王位を主張している。オルレアン家は「パリ伯」の称号をレジティミストから認められているが、ルイス・アルフォンソが用いている「アンジュー公」の称号をフランス公は認めておらず、フランスの裁判所に提訴したことがある(訴えは退けられた)。, インドのボーパールには、フランスからインドに渡ったという、ジャン・フィリップ・ド・ブルボンの後裔を称する「ブルボン家」が存在している。ボーパール藩王国(英語版)では富裕な一門であり、バルタザール・ブルボン=シャサド・マシは藩王国の宰相を務めている。1882年にルイ・ルッスレ(英語版)が表した旅行記にもその存在が書かれている。現在の家長はバルタザール4世。2007年にはミシェル・ド・グレース[3]が小説『Le Raja de Bourbon』において主題として取り上げている。ド・グレースはこの本の中で、ボーパールのブルボン家の先祖はアンリ4世の甥だとし、「証拠はないが、そう信じている」と述べている[4]。, ブルボン家は初期から、一族内で近親婚を繰り返し、それに伴う弊害をもたらしてきた。それはブルボン公時代の、シャルル5世の后であるジャンヌの発狂で現れた。そして、フランス王位を継承し、更にはスペイン、ナポリ、シチリアの王位も獲得すると、王位を安定化するために一族間で血族結婚を頻繁に行った。国内に於いても、ブルボン系の有力貴族間で血族結婚が行われた。1750年代の外交革命に伴い、同じく血族結婚が盛んであったハプスブルク=ロートリンゲン家と縁組を頻繁に行うようになった。その結果、両家で早世したり、あるいは成人しても身体に障害を持つ者が続出した。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ブルボン家&oldid=79485973.

ぱちタウンエンジェルス 九州メンバー, ファイブフォース分析 航空業界, オクトパストラベラー サントラ ダウンロード, ヤマダ電機 閉店 2020, 無印 脚付きマットレス 搬入 失敗, 名鉄スカイパーキング 割引, 緑谷出久 マッスルフォーム, オクトパストラベラー 面白すぎる, アンティーク家具 修理 千葉, プロ野球 生涯年俸30億円, デスパイネ 結婚, 梶裕貴 エレン, Jasdaq 上場廃止基準 見直し, 広島 ホテル 安い, テレビ台 コーナー おしゃれ 収納, マーナガルム オクトパストラベラー, ヤマダ電機 カード 解約, 宝くじ キャリア決済 ドコモだけ, Au スマートポート 解約, 新宿 家電量販店 安い, ロト7 コロナ, ディノス家具 ショールーム, ラウンドテーブル 北欧, 大川家具 大阪, デヴィ夫人 熱愛, ダイニングテーブルセット ベンチ, テーブル 塗装 剥げ 白, オフィス家具 店舗,

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0

カート